honey








少年時代は、続く



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

今日は、雑談。
あまり、お役に立てるような
ものは、無いかも・・・(;´・ω・)。

 
という、前ふりにて、スタート。

 

女性と、何年も一緒にいると、
ある時に、
「あれ、この女性って、こんなに
大人だったけ?」

 

とか。

 

「気が付かない内に、だいぶ
人間として、遠くにいってしまって
いるような気がする。」

 

とか。

 

「なんで、そんなに自分の中に
色々な情報を、ため込めるんだろう。」

 

とか。

 

成長が早いというか、年々、
物事への、対応力が目を見張る
ようなレベルで、上がっていく。

 
で。
俺達ですが。
たいして、変わらないんですよねー。
今でも、パンチラが見えれば、
うれしいですし、顔ニヤニヤしますし。
AV大好きですし。
雑誌の「袋とじ」を、のぞき見
しようとしますし、ワクワクしますし。
飲み会をすれば、
あわよくば、ヤリコンに、持って
いこうと、いい大人が、必死になって
仕掛けますし。

 
川があれば、入りたいですし、
そこにザリガニが居れば、
すぐに、興奮します。

 
トカゲがいれば、自然に捕まえた
くなりますし、カマキリの
卵をみつけたら、なんか、
得をしたよう気になる。
セミの抜け殻には、今でも、
独特の思い入れがあったり、

 

夏の何気ない、木にクワガタが
止まっていたら、
「うおーーー。
クワガタ!!!」
って大騒ぎしますし。

 

ええ。
全部、主観から。

 
なんでしょうね。
一応、大人になって、知識を身に着け、
経験をしてきて。

それなりに、大人に見えるように
なっていますけど。

 

10代の自分。
今の自分。

 

を、並べて、パカッと割ってみたら
外見は、違っていたけど、
中身は、何もかわらないなー。

 
っての、男性なような気がして。

 
一方、女性は、その間に、得たものが
自分の中に、ガンガンに蓄積
していき、
それが、なんといっても

 

瞬間、瞬間に、引き出す事が可能な
すっごい便利な、高機能付、収納器。

 

みたいになってきて。

その対応力に驚かされます。

便利だね、その機能。

俺達には、まるでないんだけど。

 
生きてく力は、女性にかてないなー。

 

 

さあ。
今年の夏も、クワガタを捕まえ、
沢蟹をゲットして。
海に行って、水着のおねーちゃんを
ニヤニヤしながら見ます。

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせてに読みたい関連記事




honey




タグ


2014年5月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:その他の話

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

このページの先頭へ