honey








この人に依存できれば、自信がもてるようになります



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

 

女性関係には、必ずといって良い程
その男性自体の自信が強く関係して
きます。

そして、どの恋愛教材でも、総合的な
分野のものには、自信を持とう。

そういった記述があります。

それは、本当に大切で、この点が強化
されていない限り、どうしても
男性としての魅力は、質の良い女性に対して
本格的に魅力の力を
発揮する事ができないのです。

ただ、一部の女性には、自信がない事
が、逆に効果的になったりする
場合もありますが、それは、相互依存を
するようなケースで、良い関係性
とは言えない付き合い方の場合に
かぎってという感じです。

 

お互いに、依存をし合って、
ずぶずぶの関係になり、お互いに
傷つけ合い、お互いに離れらない。

 

おそらく、こういった関係になりたい
と思っている人というのは、皆無に
近いと思います。

 

で、相互依存という言葉を使った
流れなのですが、自分への自信が
無い人は、依存をする相手を完璧に
間違っている事が多々あります。

 

他者に対して、依存をしている場合。
この状態である限り、本質的な
自信を持つ事はできません。

 

依存をして良い相手というのは、

 

“世の中にたった一人だけ存在”

 

しているのです。

 

たぶん、もうお分かりだと思いますが
その相手は、

 

“自分自身”

 

です。

 

この人だけが、依存をしてよい
世の中で、唯一の存在。

 

それ以外に依存をしている場合。
自分を、本当の意味で肯定する事は
できません。

 

例えば、友達に依存をするタイプ。
(女性に良くみかけられます。)

 

親との関係が、いつまでも相互的な
依存状態である。

 

こういった場合、色々と、その関係を
取り繕うためのうまい言葉を使って
依存である事を、自分の中で、うまく
薄めてしまいます。

 

例えば、友達関係ならば、「友情」。

 

この言葉を使い、依存という意識を
薄めます。

 

親との関係ならば、「親孝行」をしな
ければならない。

 

この言葉で、相互依存を否定できず
関係を、見直し、時としては
切ってしまう。

 

これが、できません。

 

そこの邪魔をしているのが、都合が
良い言葉たちです。
その言葉たちを使って、自分を上手く
ごまかせてしまう。

 

でも、誤魔化している内に、自分が
心から、ちゃんと開放されて、自分の
意思で、自分の決定によって
生きている感じを手に入れる事ができない。

 

それは、その人を表現してしまう。

 

つまり、魅力がなんとなくない。

 

なんとなく、自信がなさそうにみえる。

 

なんとなく。

 

このレベルなのですが、回りの女性には
うっすらと感じ取られてしまう。

 

他人への依存心を切る。

 

そのためには、今の回りの人間との
関係性を見直さなければなりません。

 

そうなると、切らなければならない
ような関係の人間が、多数出てくる
かもしれません。

 

これは、戦いです。
自分を本当の意味で肯定するための
戦い。

 

ここを超えないと、いつまでも
靄がかかっているような状態で
生きていかなければなりません。

 

戦い。
そりゃー、きついですよ。

 

きつくなけりゃ、何も変化は
ありませんからね。
楽な事では、対して何も変化が
起きる事はないです。

 

負荷。これ大切。

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせてに読みたい関連記事




honey




タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

このページの先頭へ