honey








だから、女性は、あなたの質問に答えてくれません



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

女性と話をしていて、どうもスムーズな
話に展開する事ができない。
会話は、何かを聞いたりしながら
そこから話を広げていくのが
スタンダードです。

 

どうも、会話が弾まない。
そして、その原因が良く分からない
男性というのは、このような考えを
持っている可能性が高いのです。

 

こちらが聞けば、話は返ってくる。

 

すごく簡単に言えば、こういった
事を思っているんだと思います。
これを思っているから、なんで
会話が弾まないのだろう。

 

という疑問につながります。

女性に、何かを聞けば、返ってくる。
これを当たり前だと思えば
会話が弾まない事はないと思って
しまうのだと思います。

 

自分で、女性に何かを聞けば
会話は成立すると考えてしまうから。

 

でも、ここで重要な事が、すっぽりと
抜けているわけです。

話を聞かれる、質問をされる側の
女性というのは、こういった事を
頭の中で考えるわけです。

 

まず、男性側から自分について
聞かれた。もしくは、何かについて
質問をされた。

 

その瞬間に

「私は、この人に答えなければければ
ならないのだろうか。

そもそも、この人は、私と話をする事が
できるレベルの男性なのか?」

 

ちょっと文章にすると、すごく
女性側がエラそうな事を考えている
風に、とらえられてしまうのですが
エラそうとか、そういったではなく

瞬間で、こういった方向性で考えている。
表現の違いはあれど。

 

これは、自分に置き換えれば
すごく分かります。

 

花見をしていて、男友達3人と楽しく
飲んでいた所に、ホームレス風な男性が
焼酎のビンを片手に、隣に
座って、あなたに、色々な事を聞いてきた。

ま。答えないか、その場を去る確率が
高いと思います。

 

でも、これが、かわいい巨乳の子であれば
まず、無視なんてするはずもありません。

 

コンマ何秒かで、判断しているわけです。

ま、あまりに差がありますけどね。
この2人には。

 

上記の極端な例を見ても分かる
通り、

人は、こちらから
質問をしても、答えてくれるとは、限らない。

答えてくれるように持っていかなければ
答えてくれないものなんですね。

 

 

なので、女性に対して、最初の
段階が通る事ができなければ
女性は、男性側の聞いた事・質問に
対して、答える事はありません。

だから、事前に考えていた。

 

こちらが聞けば、話は返ってくる。

が通用しない。

すると。

 

自分で、女性に何かを聞けば
会話は成立する。

この考えが、崩壊をする。
で、なぜ、会話が成立しないのかが
分からない。

パニック!

ちゃんちゃん。

 

となります。

 

要は、女性が話をする事を門前払いに
していた。というだけなんです。
事実は。

 

もし、このハードルを、くぐる事が
できたとしても、女性側は、もう少し
考えます。

 

話をしても良いラインにいる男性
だとは考えられるけど。
それって、私が答えるのは義務?
義務じゃないなら、答える理由は?

 

また、このような事を考えます。
本当に、瞬間での話なので
コンマ何秒という世界だと
思ってください。

 

こんな工程があるわけです。
この工程を通って、男性側から聞かれた
事に答えているわけです。

 

だから、スムーズに会話が弾まない。
というのは、一回一回、この工程で
女性側に躓きがある。

もっと簡単に言えば。

「なんか、答えたくないなー。」

っていう感情が、わいている。

 

だから、俺達は、なんとかして、そういった
感情を少なくしてもらって、良い
感情を多めにしてもらうように
工夫を凝らすのです。

 

そして、女性が、聞いた事に答える
工程をスムーズにする。

そのスムーズラインに乗せる事が
できると、女性からの好感を
得る事ができて、こちらからの
誘いなども受け入れてくれる
ように、なっていくわけです。

 

だから、聞いたことにスムーズに
答えてくれていない状態なのに
誘いには、乗る。

という形にならならない。

 

 

工程をスムーズにする。

このために、どれだけの事をやって
いきますか?

それを考えるのが、俺達男性側の仕事。

 

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせてに読みたい関連記事




honey




タグ


2013年9月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

このページの先頭へ