honey








女性の意識に、あなたの言葉を擦り込む話し方

人の感覚は、かなりアバウト。
実際に伝えたもの事が、後日
全く違うように、女性にインプット
されている事など、日常茶飯事。

そこまで、人の感覚に正確さを
期待をしてはいけないのです。

それは、悪いようでいて、良い面も
多々あります。

人間の感覚はアバウトだと分かって
いるからこそ、実行できるテクニック
もあるわけです。

 

例えば、同じ伝えたい言葉があると
します。単純にその回数を増やせば
女性に印象深くインプットさせる
事ができます。

 

その言葉が、分かりやすくて
理解しやすい言葉であればある程
なお、記憶されやすくなります。

 

繰り返しですが、人間の理解力や
記憶力は、大抵の人は高くは
ありません。

 

ですから、簡単で理解しやすい
言葉を、何回も言われた方が
その人には、染み込みやすいのです。

 

有名な話では、南北戦争の死者
の墓地の奉献式時に
ある教育家は、2時間というすばらしい
スピーチを行ったのですが
その後に、話をしたリンカーンの話
2分の方が、人々の記憶に残り
歴史的な言葉として、今も
良く効きます。

 

「人民の、人民による・・・」

 

というあの下りです。

 

そもそも、2時間の話なんて、
覚えられませんし、苦痛。

 

自分が心から欲していない
一方的な話に、大抵の人は
価値を見いだせないばかりか
苦痛。

 

こういった事からも分かるように
あなたが、狙っている女性の
心に、あなたの伝えたい言葉
染み込ませたい言葉を言うならば

 

短くて理解しやすい言葉を
繰り返し伝えるのが、有効な
わけです。

 

良く使えるのが、冗談のような
口説き文句。

 

○○ちゃんと付き合えたら
幸せになるね。
俺が。

 

あくまでも、冗談の流れで
この分かりやすい言葉を
何回か繰り返す。

 

まず、その女性の中の
意識の中に、あなたの存在と
その言葉は、埋め込まれます。

 

2時間の口説き文句よりも
この言葉、5回ぐらいの方が
全然、印象に残ります。

 

えー。大前提ですが。
女性に
生物的に無理っ。
と思われてない立場である事が
大前提です

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせてに読みたい関連記事




honey




タグ


2012年5月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メカニズム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

このページの先頭へ