honey








男性が、コンプレックスを感じる一つの要因



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

 

コンプレックスというのは、
持っていると連鎖する事が
多くなります。

その一つが、スタイル。
太っている
ガリガリ

この状態の男性で、自信満々
に女性にアプローチできる人は
すくない傾向にあります。

特に、太っている男性は、自信が
失われます。
そして、それが連鎖して、会話が
苦手だ、ファッションセンスに
自信がない。

 

例えば、ファッションなどは、体が
絞れているから、さらに魅力的に
見せる事ができるわけです。

 

太っているだけで、その幅は、必然的に
狭くなってしまいます。

 

結果的に、そうやって、また
コンプレックスが連鎖するのです。

 

ちょっと考えてみてください。
なぜ、芸能人などの、見た目を
仕事にしている人達は
番組などでも、多くの割合で
ジムの話をするのでしょうか。

 

ジムにいって、体を鍛えて
いない人の割合の方が少ない
ぐらいです。

 

(あくまでも、ルックスを
求められる立場の人の場合)

 

もちろん、仕事上、だらしない
スタイルでいるわけには
いかない立場だからというもの
ありますが

 

基本的な、自信の幹になるから
と考えた方が良いわけです。

 

コンプレックスの連鎖に
つながりやすい、スタイル。

 

ここには、気をかなり配った方が
良いポイントだと強く考えています。

 

ちなみに、太っているだけで
男性の魅力という点でのイメージは
悪くなってしまいます。

 

人間というイメージでは、
包容力がある。といったポジティブな
イメージも持たれるので
悪いとばかりは、言えませんが

 

女性側からみた、男性の魅力
という面からみると

 

「だらしなさそう」
「ちょっとバカっぽそう」

 

という意見が増えます。

 

残念ながら、スタイルは、その人の
生活が丸見えです。

 

どんなに、自分は決まった事は
決まったようにできる。
自分には、かなり厳しいタイプだ。

 

と言われても、人の印象は

 

だらしない。
バカっぽい。

 

という印象に引っ張られます。

 

結局、スタイルは
気をつけるべきポイントなんですね。

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせてに読みたい関連記事




honey




タグ


2012年8月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ルックス論

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

このページの先頭へ