honey








男女が、お互いに理解が大変な理由



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

今後、さらに、男性には、女性を
理解するための、スキルが
必要となります。

 
理解をしていない。
理解をするために、有効な手段を
持っていない男性は、女性との
間に、深い絆を作る事ができません。

 
理解していない人に、絆を感じる
女性はいませんし、この男性が
自分の大切な人だ。

 
と感じる事もありません。

つまり、理解は、男性として、
一人の女性を、ガッチリと
掴むためには、必要不可欠なスキル。

 
で。
なぜ、今後、さらに、そのスキルが
必要になるのか。

 
それは、今の世の中は、完全に

「多移動型」

になっていますよね。

 
どういった事か。

育ってきた環境が、複雑化している
って事なんですね。

 
一昔前を想像してみてください。
皆、同じ村で生まれて、同じ村で
そだって、そして、その場所に
根付きながら生きていく。

 
そうすると、見てきた事や
されてきた教育。
学生時代の先生とか、思い出とか。

 
そういったものに、かなりの
共通点を持っている人達の
集まりになりますよね。

 
そうなると、そういった人達の
間での価値観は、似ているものに
なるんです。
この傾向が全国的にそうなわけです。
同じような、経験をしながら
皆、生きてきた。
地域性の違いはあれど、そこまで
大きな違いはなかった。

 

だから、お互いが、すごく理解が
しやすい環境なわけです。
だから、理解をしているから、関係は
上手く行きやすいです。
「多分、自分がこうだから、相手も
こうなんだろうな。」
これが、通用しやすい。

 

 

今は、同じ所に、ずーといる
という人は少なくなってきています。

 

サラリーマン自体の家庭が多くて
そのサラリーマンが、一生
同じ場所にいる事が少なくなり
ました。

 
それに、同じ会社に一生いる。
そういった事も補償されないように
なってきていますから。

 

さらに、移動型の生活をしている
人が多くなるわけです。

 

 

分かり易く考えてみると。
学生時代に。

あなたが、小学校4年生になって
転校する事になった。
で、クラスに馴染めるか?
まー、馴染めないでしょう。

 

そのクラスの子達が、それこそ
幼稚園も一緒の人達が多い。
そんな環境だったら、なおさら
そこに馴染むのは難しい。

 

これは、転校した経験がある人
ならば、すごく理解できると
思うんです。

 
まず、小学生の内に、本当に馴染む
事は、無理でしょうし、
中学生になっても、どこかしらに
埋められないものを感じると
思うんです。

 
それぐらいに、同じ環境で、育って
きたという事は、強い理解を
お互いにできているという
面があったりするわけです。
もちろん、他にも、色々な理由が
ありますけど。

 
でも。
今後は、そういった同じ環境。
というものを、お互いに持っていない。
そういった人たちが多くなるわけです。

 
だから、知り合っても、理解し合う。
これが、中々難しい。
まるで、別々で、それも移動しながら
生きてきているので、同じような経験。
同じような記憶。
こういったものが、かなり少ない。

 
そうなると、

「たぶん、今、俺はこう考えている
から、あいつも、同じような事を
考えているだろう。」

 
これが、成立しなくなる。
話をしないでも、あいつの事は分かる。
これが、ありえなくなる。

 
では、どうするのか。
そのために、必要な事が、冒頭でも
お話をした。

 

理解をするためのスキル。

 
ここになるわけです。

 

もっと言えば。
理解するための、聞くスキル。

 
深い信頼をもたらすための「聞き方。」

これが必要なわけです。

 

でも、そのスキルを適切に持っている
男性の少なさ。
これは、学ばないとまず、見えてこない
事だと思っています。
自然の任せていれば、まずは、身に
付ける事ができない事。
なぜか?
それが、男性の持って生まれてきた
性質だから。

それに、抗うようなスキルが
必要とされているわけです。

 
まあ、このテーマは、あまりに
深すぎるので、ここでは
お話しても、終わる事がない
テーマです。

 

ただ、今からは、そういったスキルが
重要になるって事を
分かっていただければと
思っているわけです。

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせてに読みたい関連記事




honey




タグ


2013年11月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思春期の影響

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

このページの先頭へ