honey








<続>女性と親密になっていくための、会話の組み立て方



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

 

なぜ、ここから深い話になっていく
事を怖がってしまうのか。

一つは、もし、こちらから深い話
をしたとします。

それが、女性に受け入れてもらえるか。
ここに不安を感じます。

 

この不安というのは、深い話を
こちらからした場合。

 

相手側にも、同じ事を求めている。
そのように女性側にも
感じさせるのです。

 

だから、もし、女性が、自分の
深い話をしたくない。
そういった相手でないと判断している。

 

そう思っているならば、これ以上の
話の展開はなくなります。

 

そして、これ以上話をしたくないと
思った女性は、深い話をしはじめた
男性の元から離れる確率が
高くなります。

 

こういった展開になる可能性が
あるので、深い話をするのを
ためらうのです。

 

もう一つ。

 

深い話をする場合。

 

ちょっと難しいのが、距離感です。

 

今、二人の関係性から見て
どれぐらい、踏み込んだ話を
しても良いか。

 

ここを判断するのが難しいです。
下手に、関係性を読み取る事なく
深い話をしてしまうと

 

女性が、ドン引きするかもしれない
そういった危険性を持っています。

 

だから、距離感が分からないと
どこまで話をして良いものだろうか。

 

ここが分からないので、リスクから
のがれて、深い話をしません。

 

ただ、親密な関係になる場合。

 

この深い話は、避けて通れません。
ここを避けていると、いつまでも
親密な人間関係を作れないのです。

 

これは、対女性だけではなく
対男性でも同じです。

 

人間関係、全般の共通事項です。

 

お互いに、どれだけ、自分の深い
話ができるのか。

 

そして、深い話を受け止めて
もらえるのか。

 

逆に考えれば、自分が仲良くしたい
親密な関係になりたいと
思っている人の、深い話を
受け止める事ができるのか。

 

そのためには、こちらから

 

「あなたの、深い話を受け止める準備が
あるますよ。いつでもどうぞ。」

 

といった事が表現できるのか。

 

これが表現できないと、相手側も
深い話をするのは、怖いと
感じてしまうから、話ができない
かもしれないのです。

 

とは、言ったものの。
深い話をするのは、勇気がいります。

 

自分の事、100%の話ですし
相手が、自分の事をどう考えて
いるかも分かりません。

 

まずは、自分側が、深い話を
受け止められる準備と表現。

 

これを感じさせる事が
スタート地点かと思っています。

 

ちなみに、もし、相手側から
そういった話をしてきた場合。

 

否定的な言葉は、使わない。

深い話というのは、本人の
内面の開示みたいなものです。

 

なので、それを否定してしまうと
その本人を否定しているような
感じになってしまって。

 

相手側は、その瞬間から心を
閉ざします。

この瞬間の対応を間違うと
親密になる機会を逃してしまいます。
ので、注意を。

Similar Posts:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせてに読みたい関連記事




honey




タグ


2013年1月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:自己開示

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

このページの先頭へ