口説く時に粘りは必要です



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

女性側が男性に対して
興味を持っている場合でも
多少の抵抗はされます。

 
それを込みで考えておくと
現実とマッチします。

 
そのためにそういった
多少の抵抗があっても
それを上手に受け流したり

もう一度流れを作ろうと
努力をしたり。

この投稿の続きを読む »

タグ


2016年6月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:恋愛方程式

シンプルな女性からの好感パターン。



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

まだ関係が築けていない
女性と一緒の時間を
過ごしている時。

 
その女性があなたに対して
好感を持っているかを
判断するのは結構簡単です。

 
今日はそのリアクションに
ついての一部をお話
したいと思います。

 
・笑顔が多い。
興味ない場合の女性の
リアクションとしては
平常の状態。
つまりあまり表情が
変わらない。
反応が普通。
あまりエネルギーを使った
反応をしない。
省エネにしてスイッチを
オフにしている状態。

 

好感を持っている場合
笑顔が多くなります。

 
・会話を続けようとする。
会話が止まったり、
今話をしている話題が
終わった場合などに
自ら話題を出してくる。
これも鉄板の反応です。

この投稿の続きを読む »

タグ


2016年6月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:見抜く

復縁での1つのポイント。/その2



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

君の事を考えている。
でも俺は邪魔だから。

ただいつでも支えたい。
力になりたいと思って
いる事を覚えていてくれ。

 
これを伝える場合のベターな
言葉としたら。

 
「今は距離を置こうか。
でも何か困ったことや
助けが必要な時はいつでも
声をかけて。」

 
的な言葉かなと思います。

 

これですと女性への攻撃
にもなりませんし、
女性に不要だと思われて
いる事も理解していると
それとなく
伝える事ができます。

 
さらに距離を置く事で
女性側は、男性と
今後絡まないで良い事が
理解できるので安心する
かと思うんですね。

 
さて。
ここから大変な時間が
来るんです。

 
この言葉を選択したという
事はですね。

この投稿の続きを読む »

タグ


2016年6月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:復縁

復縁での1つのポイント



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

復縁。
男女関係で一番難しい
テーマの1つです。

 
ここでかなり重要な
ポイントは。

 
復縁を考えている際。
現段階では自分という
存在は女性にとって
みたら不要な存在。

 
という事です。

 

厳しい言葉ですが
それが事実だとして
受け止めなければならないと
思っています。

 
もし不要な存在ではなく
必要な存在ならば
2人の間の関係は復縁が
必要な状態になるはずが
ないからですね。

 
この段階で良くやって
しまうミスが女性にとって
男性側は現在は不要。

 
ここを考慮にいれない
行動をしてしまう事。

 
「もう1回話し合いを
したいのだけれど。」
「時間を作ってくれないか。」

 
嫌なんですね。
そんな事をするのは女性側
にしてみたら。

この投稿の続きを読む »

タグ


2016年6月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:復縁

関係を悪くする原因のひとつはコレ。/その2



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

恋愛感情が落ち着いてくると
冷静になりダメ出しが始まる。

が前回までのお話。

 

 

ダメ出しする行為という
のは、あまり意味が
ないんですね。

 
ダメ出しをしてもし
仮に改善しても、
その状態に人間は満足は
出来ないんです。

 
次に自分にとって都合が
悪いところを
“必ず”
探し始めてしまうんです。

 

だから結局満足する事
なんて出来ないんだなー。
ってあきらめる事。

 
これが大切になるなって
思っているんです。
満足なんてできる状態
は来ない。来たとしても
一瞬のもの。
として覚悟してあきらめる
ようにしないと、おそらく
他人である女性とは
居心地良く長く一緒に
いる事は出来ない。

 
今の状態は刻々変化を
していくのだから。
自分の理想の状態に
なんてなりえない。

この投稿の続きを読む »

タグ


関係を悪くする原因のひとつはコレ



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

恋愛の感情が盛り上がって
いる時とかには気に
ならなかった事が
感情が落ち着いてくると

 
連絡を頻繁にしてきて
それをこちらにも
要求するのが面倒。

 
とか。

 

時間にルーズなところを
どうにかしてほしい。

 

とか。

 

仕事が忙しくて
一緒にいる時間が少ない
からどうにかしてほしい。

 

とか。

 

こういった事に気が
いくようになります。

 
最初は気にならなかった
んですね。

一緒にいればそれだけで
幸せだったから。

この投稿の続きを読む »

タグ


初対面に近い女性との会話の狙い



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

会話は言葉を交換して
ただ情報伝達
するための方法では
無い事はこれまでに
何回もお話してきました。

 
初対面に近い女性と
会話をする事。

 
その会話の狙いの一つ
としては、その会話を
通してお互いに着ている
鎧のようなものを脱ぎ
すててどこまで会話を
していく事が出来るのか。

 
そしてどこまでお互いの
情報をまじりあわせる
事ができるのか。

 
お互いの情報といっても
女性の情報7~8割で
女性を主体にする。

 
最初は女性の家の玄関の外で
立ち話をしているような
ものなんですね。

この投稿の続きを読む »

タグ


2016年6月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:会話・言葉

男性の色気の出し方を研究して・・・。/その2



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

ある演出をすると
女性の感情を揺らすことが
できるインパクトになった。
それが“ヤンチャ”っぽく
見せる事だった。

 

というのが前回までのお話。

 
でも、ただヤンチャであれば
それはただの怖い人なんですね。

 
これだとダメだなって
思ったんですね。
ただの怖い人はただの
怖い人で。
それはあまり良い
インパクトを与えるもの
とは思えなくて。

 
良い意味でインパクト
を女性に与える、
それによって感情を
揺さぶるとしたら。

 
そこに

可愛らしさ。

茶目っ気。

丁寧さ。

ちょっとした笑い。

 
こういった要素を入れると
かなり化けるんじゃ
ないかなって思ったんです。

 
これを地方で試してみると
ヒットして。

この投稿の続きを読む »

タグ


2016年6月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:方法論

男性の色気の出し方を研究して・・・。



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

どうにかして短時間で
女性の感情を
揺さぶるインパクト
が欲しいなって思って
たんです。

 
短時間勝負の場合。
ここで女性の感情を
揺さぶるようなパンチを
持っていないと苦戦を
するなって事を
自分なりに感じて。

 
考えたんです。
さてどうやって女性の
感情を揺さぶる事ができる
インパクトが作れるかなと。

 
まあ。
色々と試しました。

 
大抵は大失敗です。
ものすごい量の失敗をします。

 
話の内容とか。

自分の表現の仕方とか。

声のかけかたとか。

とりあえずインパクト
のあるものを身に着けるかと。

この投稿の続きを読む »

タグ


2016年6月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:方法論

女性から大人気になる方法。/その4



■1日1応援クリックをお願いします^^■

 

モテる方法【もてる男になる恋愛理論】
今日の話スタートします。

 

同じ遊びがいつでも新鮮で
ドキドキできる事は
ありえないわけです。

 
たぶん男性ならば一度は
RPGなどのゲームに
どっぷりハマッタ事が
ある男性が多数派かと
思うんです。

 
あれは男性がハマるだけの
要素がめちゃくちゃ
つまっていますからね。

 
でも。

ドラクエ3

にドハマリしても、その
時に感情ってもうその後も
持ち続ける事って
難しいじゃないですか。

 
でも正直、あの時の感覚って
忘れられない・・・。

 
そうだと思うんです。

 
最初に受けた脳天を突き抜ける
ような刺激って
忘れられないですよね。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ