自分を知る

思い知るという経験をしていく

活動をしていく事で、多くの事を
思い知らされる事になります。

自分ではわかっているつもり。

な事が、実際に自分を商品として

恋愛市場なり

男女市場なりに出してみると。

すると、自分ではわかっているつもり。

だったものが、はっきりと現実として
思い知らされる事になるんです。

自分で分かっているつもり。

というのは、結局は「つもり」で
しかないわけで、しかも自分の見積もり
なので、甘いわけですね。

では思い知るためには、どうしたら
良いのか。

そう。

実際に女性と相対する。

これがもっとも、現実を思い知る
事ができるわけです。

女性のリアクション。
表情。
テンション・ノリ。
返事。
使われている言葉。

などなど。

例えば俺の場合。

35歳ぐらいからですね。

10代の女性とかから、

「いやいや、お父さんだから。」

的な事を苦笑いで言われたり。

「この年齢差はね・・・。」

って、すごい表情をしながら
言われたり。

そうやってしみじみと思い知る
わけですね。

「あー、そうかー。
そろそろいきなりの初対面から
誘うパターンは無理っていう
サインが出だしたなー。」

って。

そして嫌々とそれを受け止めるように
なっていくんですね。

そこで、やっと嫌々ながらも、

本当は今までのような流れで
一番良かった反応のままが良い
わけなんですが。

思い知っていく経験によって、本当に
渋々と舵を切っていくわけです。

この思い知るという経験を
積んでいかないと、いつまでも
自分の自意識の中にとどまる事に
なってしまいます。

自意識の中は、居心地いいですよー。

都合よく回ってくれますから。

でも、現実は強烈な現実を
まざまざと見せつけてくれます。

ただそうすると現実と自意識の中
のギャップは年々増していく
事になるんですね。

時間が経過すればするほど、
この差は広がっていって、
縮めるのが難しくなるんです。

去年の話だったんですが、
飲み会や合コンをよく頼まれて
開催する女性の知人がいるのですが。

その女性のグチだったんです。

仕事の絡みで、合コン開催を強く
お願いされて、

「とにかくかわいい子連れてきて。」

と何回も念を押されたので、最高の
布陣で臨んだそうなのですが。

男性側は自信満々で、男性側は
レベル高いからって話だった・・・。

が。

全員かなり太っていて、
生活習慣病を持っている
おじさんだったそうです。

しかも話が極つまらなく・・・。

しっかりと思い知るという経験を
しないと、男性は何歳になってもこういった
ミスをしてしまうもんなんだなと。

思い知るという経験がほとんどないと、
自分達側の希望ばかりが膨らむ。

年齢年齢で、思い知るという事を
経験できると、調節ができるんですね。

リアル活動をしていかないと。
自分の現状というものを、しっかりと
把握する事ができません。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-自分を知る
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER