女遊び

女性遊びと仕事。

これは良く色々な場所とかで、
お話をされている事
なんで、いまさらなんですが。

女性遊び。

結婚をしている場合で、

結婚相手以外の女性と関係する数と
年収が比例する(笑)。

具体的な調査場所はアメリカの
都市部なんですが。

とまあ。

個人的に焦点を当てているのは、
バイタリティーの部分です。

年齢が上がっていくと、
バイタリティーが低い男性への
女性からの反応は無くなります。

実際に2016年。

女性獲得活動をコンサル形式の
スクールという形でやってみて。

バイタリティーがあるメンバーさんは、
対応力が高かったり、思わぬ発想で
女性をもてなしたり。

場面対応力が高いなって思う事が
多かったんです。

単純に手にしている数も多かったり。

もちろん、現在の条件にもよります。
すでに仕事でガチガチに時間を
拘束されてしまっている方も多いです。

時間量の所持量が少ないために、
目標を定めて、その年の女性獲得活動は
スクール活動だけと焦点を定め
られたり。

共通するのはバイタリティー。

忙しかったら、そのほんの少しの
隙間をついて、新規女性獲得へと
踏み出さない。ゆっくりする。

という選択をしがち。

な所をあえて、隙間で活動をする。

休むんじゃなくて、新しい活動に
時間を費やす。

こういった所に俺の場合は焦点が
行ってしまうんです。

あー。

女性がある男性に、アンテナが向く
要素って・・・

こういった所なのかなー。

とかって。

もちろん、回りの男性を見て
いても、

・・・変わり者も多いですが(;´・ω・) 

年齢が上がると、ルックスうんぬん
よりも、バイタリティーになって
くるよなー。

と再確認。

誰でもそうだと思うのですが、
大人になると活動量がどんどん
減っていくと思うんです。

女性獲得活動ってそれとは、
逆の方向にいくわけですね。

日々の生活がある程度、パターン化
する中で、新しい女性と/出/会/い/
を作っていくという事自体。

そして会って身体を合せる事自体。

常に新しい活動の連続なんです。

やる事はある程度なれるとパターン化
するんですが、女性はいつでも
初対面ですから。

平穏な場面。

になる事はないわけです。

いつでもその場面には、ある種の
緊張感は漂っているわけですから。

で。

そこに力を使える人は、まあ
仕事もガツガツいくよね。

年収を上げるために女性遊びをする。

ってのは違うと思いますが。

トータル的な意味で、活動量を
増やす事で、生活全体の生産量が
多くなるのは納得できるんです。

ほっておくと、バイタリティーは
下がっていく一方になるなって
思うんです。

そうすると、自分から出てくる

生産量も減るなって感じるんです。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER