Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

文字列から伝える人間性

こういった考え方を採用した方が良いですよ。

こういったネガティブな態度は採用を
しないようにしています、理由は・・・。

というように私がお話をする事が多いと
思うのですが、それはもちろん対人関係を
念頭に置いて話をしているからです。

男性も女性も寄ってきて、居心地が良く
感じる場所というのは、

“楽しい空間であり、楽しい先がある
と感じれる場所である、人である。”

これが大前提です。

例えば恋愛とか人間関係とかを伝えている
人が、クローズの媒体だからといって
誰かについてを超攻撃していたら。

そんなネガティブな場所にいたいと
思う人はいないです。

って事が分からない人から教わる事は
無いって感じると思うんです。

一生懸命に人間を理解していこうとしている
のに、その逆の事をやっているというのは
結局自分が成熟していない事を自ら
表現している事になるからです。

もし自分の心の中でどす黒い感情が
沸いたとしても、それをわざわざ表現する
事の意味の無さとかを知るのが
成長をしていく意味ですから。

そうやって少しづつ成長をしていき、

女性に対しても周りにいる人に対しても

楽しい時間と楽しい先を感じさせられる
ように言動を選択できるようになる事。

これを目的とした場所に、人はあつまり
たいって思うはずなんですね。

超攻撃的なセンテンスって、一瞬は興味
が沸くんですけど、それを2回3回とかって
読みたい。

もう一度目にしたいとは思わないものなんですね。

だからこういったパフォーマンスで人の
興味を集めても、結局人は段々とその場から
いなくなります。

そういったネガティブなセンテンスの賞味期限は
短いと思っています。

つまりそういった考えを持って作っている
コミュニティの賞味期限も短いと
思っています。

ネガティブな場所に居たいとは多くの人は
思わないようになっているからです。

だから女性遊びというふざけた活動ですよ。
私が皆さんにお話している事は。

女性の肉体を手に入れるというふざけた
活動なんですけど。

でも、男性としては、

明るい場所を提供できるような男性である
事を表現できないとより多くの女性には
反応をしてもらえないんです。

では、どうしたら明るい雰囲気って
出せるかってなると。

そういった人間になるために今、私達は
意識して学んで活動をしていっている
わけです。

その人から発せられるものは、それまでに
蓄積したものから発せられるわけですから、

考え方が備わっていない所からは
何も発信させる事はできないです。

人は誰でも明るい事が無いと楽しくないです。
明るく感じないと楽しくないです。

女性がこの人と関わると楽しそうだ。

という先の風景をを感じてくれないと
その先はありません。

つまり女性からコンタクトはしてくれないです。

そして会うという形にも持っていけないんです。

そういった考えを採用していれば。

女性の言葉に対して、

どうやって返そうか。

と考えた時も、自分がこの方が楽だから。

という選択じゃなく、

女性側はどういった事を期待しているかな。

という事を考えられます。

この差はあまりに大きすぎます。

やり取りの先にいる生身の人間が、
その言葉を見てどういった感情を持つのだろうか。

をイメージできるのは、あまりに大切です。

目の前にあるのは、ただの文字列なので
ついつい無機質になってしまいますが、

その文字列を通して、私達は女性の心に
触れているという感覚を忘れてはいけないです。

女性遊びというふざけた活動です。

でも、そういったふざけた活動だと女性側も
分かっていても、女性側の心に適した
言動を選択してくれる男性を選びたくなります。

ふざけた活動であろうとなんであろうと。

関わっているのは常に人間なので

気持ち
が大切になります。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年5月2日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:会話・言葉

このページの先頭へ