知っておくとあらゆる場面で対応力が上がる話。

この事をしっかりと知っておき、自分の中に
留めておく事が出来て、場面で出すことが
できると、あらゆる場面での対応力が
上がると思っています。

自分にとって好ましくない事をやってくる人
って必ずいるものです。

こういった時って、少し考えてみると
分かってくる事があるものなんです。

「なんで、この人は今こういった事を
しているのだろうか。」

です。

相手にとって嫌な事を選択する場合。

そこには

“必ず何かしらの目的”

が存在しているからやっている事なのです。

これを知っているとかなりその場で
起こっている事、相手側が意図している事が
理解できるようになります。

こういった場面で嫌な気持ちになったり、
ムカッとなるのは、理由が分からない

なぜこんな事を言うのか、などまるで
理解ができないからです。

自分が不快になる事をやってくる場合。
しかもその後もやる場合は、

“戦おう”

と相手側は思っているからやっているのです。

じゃないとやりません。
そんな事をやっていて途中で止めないとなると。

その先にあるのは、戦いになるに決まって
いるからです。

もしくは戦いにならないとしてこちらが
逃げたならば、それでその相手本人は

勝った

という気持ちになれるので、それも望む所
なので満足するわけです。

こういった事を理解をしていると。

また少し角度が違った場面でも対応が
出来るようになります。

何かの話をしている。

一つのテーマでお互いの考えを出し合って
話をしている。

が。

そこから段々とエスカレートしてきている。

さて。

ここです。

この場面でエスカレートしている原因。

ここをちゃんとつかむ事ができるのか。

なぜエスカレートしてきているのかをちゃんと
掴むことです。

もし自分もエスカレートしている場合は。

『お互いに自分が正しい。
あなたは間違っている。』

↑そして多くの争いがこの考えをベースに
しているんだという事をよーーーく私達は理解を
しておきましょう。

そうすると、あらゆる事への対応が非常に
しやすくなりますので。

これをお互いに成立させようと思っているので
お互いに自分のエネルギーを出し合って
どうしてもお互いにこれを押しとうそう
と必死になっているわけです。

これが分かるとどうなるのか。

この先に行く付く事が目に見えます。

これってめちゃくちゃ重要です。

その先にあるのが、お互いにひかないのですから。
お互いに自分の考えを押しとうそうと
するのですから、

より強く衝突する。

これです。

お酒が入っている席であれば、罵倒の
しあいになったり、時にはそれが暴力となり
お互いに止まらなくなる。

よく男子同士は殴り合って分かりあう。

なんて事をいったりしますが。

私は体感としてこれはないと感じています。

だからどんな時も友達に手を出したら
関係は終わると思っています。

もし一方の方が強くて、決着をしたと
しても勝った方は後日とかに

「あの時は悪かった。」

といっても、それは勝った側の言葉であり
負けた側はそれを受け流す事は困難です。

ですから、そこで暴力で白黒が付いたら
関係の修復は考えずらい。

これが私の感覚です。

という事を知っておけば、もっとも重要なのは
エスカレートしているこの瞬間に

“いったい今何が起きているのか。”

これを捕まえる事なんです。

そうすればその先にある事が見えるので、
その先を考えて、今を変える事ができます。

問題なのはその先にある事が予測が付けられない
事なんです。その先が分からないから
今無茶な選択をしてしまいます。

その人の気持ちの動きを知るのは、本当に
あらゆる場面での対応力を上げてくれるので
重要なスキルです。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ