Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

知っておくとあらゆる場面で対応力が上がる話。/その2

お互いにお互いの考えを持っているのは当然
の事なのですが、それを相手も同じように考えろ。

この考えを持つ事で、そこからエキサイティング
な感情がスタートします。

もしくは考えを押し付けられている。
しかしお前の考えは間違っている。

と相手側が思えば、相手はこちらを否定して
来ることにつながります。

だからそう受け取られないように言葉を
作っていく事も大切なんです。

しかし、言葉って難しくて。

相手に押し付けていないように考えても、
ついつい相手側の気持ちを刺激する事があるんです。

それは相手側にとってコンプレックスになって
いる部分の話題を、出したら拒絶の反応を
起こしやすくなります。

だから多くの人がコンプレックスに感じている
事を言葉にすると、過剰に反応をする人が
増えてしまうのです。

分かりやすく言えば、お金の話、ルックスの話
学歴の話。
などなどはコンプレックスがある人には痛い
話なので気持ちが攻撃的になりやすいんです。

この種の話題は取り扱いが難しいです。

さて話をコンプレックスの事から戻します。

お互いに考える事は自由です。

興味を持つ事はお互いに違いますから、お互いの
興味が違うという環境下で育ってきた人
同士が、一つの考え方を出しているのですから。

何もかもが一致する方がおかしいわけです。

多種多様な判断をするのが普通です。

自分にとってはありえない判断があるのも当然です。

1つの物事をどうやって受け取って、どうやって
解釈をするのかは、人によって違うのですから。

その結果導かれる答えは違う。

・・・。

女性獲得活動で関係ないように感じるかも
しれないのですが、場面場面で対応する時に

今、なぜ、これを。

という場面はたくさんあります。

そのためにどういった考えが相手側にあるのか。

相手側の目的ってなんだろうか。

これを考える習慣というのは、あるのと無いのと
では全然違うからです。

例えば。

少しお話が飛びますが。

よく、「私は女性と話をするのが苦手で。」

というのは聞く事なのですが。

この点などを例にあげると。

“実際には女性との会話。
会話自体というものについて、上手く話ができる
ようになろうとは考えてはいない可能性がある。”

という面があります。

まず会話をスムーズに展開させるには、

ひたすら観察して考える。

という作業は必要です。

会話は自然の状態で、気心も知れていない相手
にスムーズにできるはずもないのです。

ですから会話は相手の事を考えながら、相手に
反応をしてもらえる会話って
これじゃないだろうか。

と、

考えてひねり出す。

ずーとひねり出すんで。
ぼーとしていてい出てはこないです。

という面が必要になってくると思っています。

その前に会話は二人の間で行われる事なのだから
相手が話しやすい状態に自分を出来ているのか。

というこういった所からも考える必要があって。

無表情で反応も薄い、さらにファッションも
かっこよくないものにしてあり、
そういった自分を用意しておいて、
女性が楽しく話をしたいと思うのか。

などのように考えていく必要があるんです。

これも同じなのですが。

「私は文章が苦手なのでブログとかを
書くことができません。」

というお話を聞く事があります。

それも同じで、書く内容を考えて集める。

例えば1000文字の言葉を紡ぎだすために
2時間情報収集に使う。

という事はしていない事が多いです。

自分が話したい事を見つける事ができれば話は
できるものなのです。趣味の話はエンドレスに話が
できるのは、自分が話をしたい事があるからです。

だから自分が話をしたい事を探す作業をすれば
ブログを書く事ができる。

この場面でやっていない事は、話をしたい事を
探すという事、話をしたい事を考えるという作業
なんです。

のように。
ちょっと話は飛びましたけど。

対応力というのは、何を考える事ができるのか。

ここに頼る事は多くなります。

判断をする上で知っている。この事実があるというのが
その判断をより良いものにするための
源泉になるからです。

その源泉がない男性とある男性とでは出て来る
対応力が違って当たり前だと思っています。

その源泉がある状態で、後は人と関わっていく事で
考え方と経験がミックスされていきます。

女性とメールをしていても、こういった事は
大いに関わります。

女性が流したこの1文に、女性はどんな
答えを期待しているのだろうか。

それともそれはスルーして自分の要件のみを
流せばよいのか。

など、考える習慣が無いとつい自分の要件のみ
を返すんです。

知っている事は、その細い場面の質を上げて
くれると思っているんです。

続きます。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ