女遊び

その場所の全体像のイメージを考える。/その2

活動場所が目的から遠い場合、
女性と距離を縮めていく間があれば
あるほど、その間に脱落をしていく。

というのが前回までのお話。

じゃー極端な話。
最短は何?。

ってなると。

「家きなよー。」

「うーん♪。」

これなんですけど。

これって普通は無い。

正しくは、

「普通に考えていたら無い。」

これが可能になるのは。

とにかく女性側は、

“男性がすごく好きな上、軽い。”

このケースの女性に当たった場合。

普通レベルのコミュニケーションをしていて、

「まあ、ラインで話をしていても
しゃーないから。
家きなよー。」

で完結する。

が。

今度、問題は。

その女性を探すのに労力がかかる。

ここまで話がスムーズな女性ばかり
だと遊ぶのにすごく楽なのですが。

そんなに多いわけではない。

いるんだけど。

いっぱいいるんですけど。

「はい、私そうです♪。」

とは絶対に言ってはくれない。

では。
どうするのか。

例えば、一つの方法としては、

“そういった性質を強く持つ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
女性が反応するような仕掛けを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そこに置く。”
~~~~~~~~~~~

なんかは、まさに最適です。

でも。
その仕掛けに反応してくれる女性が
いる場所でないと要領は上がらない。

で・・・傾向を考えてみる。

このタイプの女性がいるのは、どういった
場所だと、よりいるだろうか。

基本的には、高学歴な女性よりも、
おそらくアホな子の方が
このタイプは多いだろうな。

では、インターネットの中で考えてみる。

ならば。

パソコン媒体。

スマホ媒体。

どっちの方が、よりゆるい属性
が多いかな。

スマホは使えるけど、パソコンが使えない
人が増えている。

若い子でこの逆はほとんどない。

(パソコンOK。スマホNGってパターン。)

という考え方と。

実際に女性と接している時の感覚として
ブッチギリでスマホ専用利用者の女性の
方がゆるい事が分かります。

さらにもっと考えていきます。

そうすると、スマホに自分の時間を
より多く占有されている女性であれば
ある程、ゆるい傾向が強くなる。

さて。

そう考えると・・・場所で良い場所は。

見える事があります。

“スマホだけに特化している場所”。

もっと言えば。

パソコンでは利用ができない場所。

ここによりゆるい女性層が集まる可能性
が高くなるわけです。

では。
今度は男性陣を考えてみましょう。

男性陣で戦略がしっかりしている
男性は、20代では少ないです。

特に欲望優先で動く20代は、全く
戦略は考えてこないです。

それがパソコンを使わないスマホ
専門でアクセスしている男性と
なるならば。

その確率はさらに高くなります。
( ̄― ̄)ニヤリ

続くのですが・・・。

こういった考えを元にして、考えて
いくと無料で使いたい放題の条件で
こんな良い場所はもう当分出てこない
事が分かってくるんです。

そういった考えを元に、考えた結果。

エグイ結果になるのも納得。

特に裏技と特典などは、それが加速する。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER