優秀な女性パートナーを掴む道のり。

これには段階があります。
よくコミュニケーション・コミュニケーション
って言っているのですが。

どれだけ女性と関わってきましたか。

ここが影響します。

例えば、中学生の時から女性が好きで
対女性に対してのハードルが低い
男性がいるとします。

お姉ちゃんがいる男性は女性と関わる事への
ハードルが引くかったりするので、
最初から普通にスムーズに
話ができたりします。

小さい頃から。
自分の回りに普通に女性がいる。
しかも複数いたりすると。
それはもうかなり慣れてると思って
良いからです。

逆に。
そういった環境ではなくて、中学生でも
思春期で全然女性と話が出来なかった。

ならば。
その期間は、ほとんど女性とコミュニケーション
を積み上げてきてない状態です。

俺の場合で考えます。

俺は男兄弟です。
弟が一人です。

基本的に内向的で小学校の時に
女の子と積極的に話なんかできるはずも
ありません。

中学校になると。
異性として女性を意識し過ぎるので、
逆に話ができません。

それでもなんとか頑張って関わって
みたつもりなのですが。

今思い返してみたら。

まあ、関わるという関わりを持てたとは
思えないようなレベルです。

つまり。
中学校まで、俺の対女性に関する
コミュニケーション総量は、

『限りなく0に近し。』

高校からはかなり頑張ったつもりでした。
ので、ここからが女性とのコミュニケーション
スタートといっても良いです。

よって。
高校・大学は練習している時期で、適切な
コミュニケーションを模索します。

修行期間みたいなものです。

ほとんど0からどうするかを考えていく
わけですから。

その中においても運が良かった点が。

俺自身が、

「関わってくれる女性であれば、とりあえず
誰でもどんな女性でもOKだった。」

という点です。

これが思いのほか大きな結果をもたらしたと
思うんですね。

この段階ではコミュニケーションを取る
女性を絞ると進みが遅くなります。

さらに運良かったのは。

話をする空間に存在できた事です。

高校とかだと同じ場所に女性がいますから。
話をしようと思ったら話ができます。

これが大学以上や社会人になると
この環境を作るのが難しくなります。

一気にその場所にいる理由がなくなる
からです。

だからまず、継続的に関わる事が難しく
なってきてしまいます。

続きます。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2016年11月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:レベルアップ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ