女遊び

女性に媚びる必要はない。追う必要もない。/その2

私達の行きつくところ何のために生きているのかは、
成長をして成熟するために生きているわけです。

その中の一つの活動として、自分が所属する
コミュニティを大切にしたり、
守っていくためにも自分を強くしていく。

自分を強くするのは、別に腕力的に強くするわけ
じゃなくて、内側を強くするわけです。

内側を強くする。

人間を構成しているのは

言葉

行動

考え方

感情

これによって構成をされていますから。

これをどうやって上手く取り扱いが
できるようになるのか。

その結果として成熟があるわけです。

自分を強くしていくのも、ここを強化していく事で
自分の内面を強くしていく事ができる
わけです。

私達を構成している要素。

言葉。

どうやって女性に興味を持ってもらえる
ような言葉を使ったり、楽しいと思える
ような言葉を使えるのか。

人の心にふれるような言葉をどうやって
使っていけるのか。

気遣いを言葉で表現していくのは、どういった
言葉の使い方が良いのだろうか。

人が触れていて気持ちが良い言葉を使える
ようになるには、どういった態度と言葉
を駆使していけると良いのか。

行動。

その人がどういった人であるかは、行動などに
表現をされていくのですから、その行動を
どういったものに変えていくのか。

自分が実際に何をしてきたか。

この積み重ねで人間としての面白みで
あったり、女性に提案ができる遊び方なども
変わってくるわけです。

考え方。

自分に何をさせるのか。
自分にどう感じさせるのか。

すべては自分が何を考える事ができるのか。
ここによって分類されているわけです。

その場を最適化するための事を考えられない
人はどうやってもポジティブな状態に
持って行くのは苦戦をするわけです。

感情。

ここをどう取り扱えるようになるのか。

ここで良くも悪くも女性との関係、人間関係全体
は大きく変わる。

感情にまかせた行動をして築き上げてきたものを
一瞬にパーにしてしまうのも、感情の取り扱いの
難しい典型的な例の一つです。

このようなポイントを私達は強化をしながら
成熟をしていくわけです。

後、私達は何かを与えてもらう。
そういった立場に立つ事はありません。

生み出す側に立って、それを女性に提供する側
に立っているというような感覚を持って
活動をしていきます。

提供をするのですから、提供をする側として
心地よい時間を提供できるように
考えていきます。

女性獲得活動では、多くの男性は

与えてもらえる。

奉仕してもらえる。

消費者的な立場。

などのように考えて行動をしています。

私達は提供をする側です。

いつでもそうです。

コミュニケーションもここちよいコミュニケーション
を提供する側です。

遊びにしても、女性がまた体験した事が無い
ような遊びを提案したり、

ただの会話コミュニケーションなのですが

すごく楽しいと思えるような会話コミュニケーション
を提供したり。

私達は作り出す側なんだという事を忘れては
いけないです。

消費者の立場に立った途端に作る出す

という事を忘れます。

提供される側に一瞬で立ってしまいます。

女性側から見て、受け身にいる男性と関わっていて、
楽しいと思える事って少ないです。

女性は特にそうです。
女性の性質を考えてもそうです。

与えてもらいたいのが女性側の感覚です。

これを理解して体現できるようにならないと
いつまでも活動は上手く回りません。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER