Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性との関係に「笑い」を作る簡単な方法。

女性との間には笑いがあった方が良い。

その方が関係が良くなるスピードが早い。

関係がより深くなる。

となると、

「僕は人を笑わせる事ができるような
面白い人間じゃないんです。」

「面白い事って言えない。」

というような反応がスタンダードな反応です。

笑いというと、テレビのお笑いをイメージして
しまうのが恐らく多くの人の頭の中での
流れなのだと思います。

笑い=お笑い芸人=面白いネタ。

別に私達は女性を、ネタで笑わせる必要
ってなくて、なぜ笑いが必要なのかを
考えていくと、単純なんです。

一緒のその場面を楽しくしよう。

結果笑いがある方が楽しいでしょ。

暗いよりも明るい方が良い。

笑えないよりも笑えた方が良い。

では笑うにはどうするのか。

笑いというのは、一緒に遊んでいる人の中
での共通の認識と、その共通の認識の中で

クスッ

と笑えるような事があった時に、

「プッ(笑)。」

となれれば十分なんです。

これが男女間での笑いです。

いわゆる、ちょっとした身内ネタみたいな
レベルでいいんです。

学生の時に、誰かが先生のものまねをしたら
爆笑できる。というあのレベルで十分。

一緒のものを見て、お互いに持っている
お互いにある共通の認識で笑える。

それが先生モノマネ。

ああいったイメージで十分。

身内ネタを、身内ではない人達がいっぱいいる
所で話しまくって、身内以外の人に疎外感を
感じさせるのは良くないですが。

女性と自分との間だけの関係で。
その中に身内ネタを作って、それで一緒に
笑い話に出来るのは、良い事です。

例えば、お互いの共通の友達がいて。

一緒に遊びにいった時に、すごくその共通の友達
に似ている人が、しぐさなどの癖まで似てる。

そしたら。

「ねー、あの人、〇〇さんに似てない?。」

「思ったー。
ほら、なんか歩き方とかも一緒(笑)。」

このレベルで良いです。

※ただその対象の人をバカにして笑うのは
私的にはNG。
好きではないので私は採用しないです。

このようにお互いが知っている事で、
ちょっとした笑いを起こせる事をお互いに
持っているというのが、男女間での笑い。

思い出話で。

ちょっとしたクスッとなるような思い出話を
お互いに所持をしていく。

こういった感じで男女は、一気に関係が
深くなっていきます。

男女間の笑いについては、難しく考える必要
はなくて、その場を一緒の楽しく過ごそう。

その考え方で十分だと思っています。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年5月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:会話・言葉

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ