恋愛方程式

美人女性を手にいれる最大のコツについて。/その2

相手の事を過ぎすぎると、考える力が低下してしまって
結果として自分の恋愛力がかなり低い状態で
コミュニケーションをとることになる。
だからフラれる確率が高くなる。

これが前回のお話。

これが分かると美人対策も何となく見えてくると
思うんですね。

美人だから、タイプだからこの女性と付き合いたい。
どうにかしたい。

と強く思うほどに、冷静に考える力が低下してきて
低下した状態で美人女性にコンタクトします。

美人女性はただでさえ多くの男性からのコンタクトが
あるわけですから、考える力などが低下している
状態でコンタクトしても上手くいくわけが
ないわけですね。

つまり、恋愛したい!手にいれたい!
って思えば思うほど、考える方向性は
アホ化していってしまうんです。

やる事が的外れ、女性が引くような
言動をしてしまいます。

そういった理由があるので私のおすすめの
スタンスとしては。

女性獲得活動は遊びの延長みたいな感覚で
やっていくと上手くいきやすいですよ。

という事です。

これは“真剣に恋愛しない”という意味では
ないです。もし実を取りたいならば、このスタンスの
方が上手くいきますよ。

という理屈的にも、実体験からでも強く言い切る事が
できる部分です。

意識を別に持って行くんです。

この女性が好きだ、この女性を手にしたい、
どうにかしたい・・・、

強く思って恋愛脳が強くなればなるほど、アホに
なってしまうのであれば。

意識を他に持って行きましょうよ。

遊ぶ事の方に意識を持って行く。

例えば自分がいる飲み会があったら、その飲み会
の中での遊びをどうやって強化させるのか。

次回の遊びの提案で、いかに面白い遊びとして
提案ができるか、遊びの企画に意識を
思っていくようにする。

その中で、良いシチュエーションを作れる
設定をこっそりと用意しておく。

そうするとあわよくばという場面を意図的に作って
置くことができるので、上手くいけば
ラッキーという事になる可能性がある。

もしガチガチの恋愛脳でその女性にいどめば。

まず失敗する。
発想が、「付き合ってください。」的な一本やりに
なり女性が今どんな反応であるかの
表情を見る事すらもできなくなってしまう。
それがアホ状態になってしまった恋愛脳。

これが分かるとこれまでの経験を
思い出してください、多くのケースで
理解ができる事が増えます。

例えば、好きな相手とはうまくいかないけど、
どうでも良い相手とはうまくいく。

という恋愛においてのもっとも良くある

あるあるケース。

もこの事によって、ある程度は説明を
つけられるんです。

美人を口説くのは難しいという事も
分かると思います。
美人を口説くぞ。
という段階で大分、恋愛脳全開になってしまって
いるので自分としてはいつも通り。
だと思っていても、冷静さにはブリブリ欠いている
状態だったりするわけです。

こういった理由もあって、私の活動の方向性
としては、

何をするのか。

に意識が行くようになります。

好みの女性に一人一人アタックをかけて
いく事もあまりしないのも、

好みと思っている段階で恋愛脳スイッチ
が入りそうですし、

(そもそも中年なのでそのやり方自体が
不毛過ぎると考えているのもあります。)

何をするのか。

を切り口にした方が、共通の遊びを成立
させてから、会えるので全体の流れが
すごくスムーズになるんです。

ので。

メイン活動の多くはこの形を主体にして
作り上げています。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-恋愛方程式
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER