会話・言葉

レベルアップしていく方法。/その2

複数の女性に自分自身で学んで得た
コミュニケーションをテストしてみて
その平均値的なものを見ながら
自分を判断していくもの。

というのが前回までのお話。

年齢が上がっていくと嫌でも自分の
対女性に対するイメージが
ある程度できてくるので、

自己イメージ

女性が持つイメージ。

これがあまりに乖離してしまって
いる人の割合は減るんです。

これが学生の頃ですと。

全くここが調節できていない男性が
ほとんどなので、ある意味面白くも
ある時代ちゃー時代なんです。

誰だって学生の頃って女性と
密なコミュニケーションって積み重ねて
きていませんから。

とんでもない勘違いをするわけです。

この話をしていると、フッと思い出される
のが同級生だった。

O寺君。

その当時の俺達からすると、対女性への
知識がすごかったんですね。

たぶん勉強してたんだと思います。

今思い返せば。

ただいかんせん。

実践が足りていないため。

そして

ド・田舎の子だったために、見た目
対策が0で、そのギャップが
逆に面白くなってしまうぐらいの
感じだったんです。

スポーツ刈りで少しほっぺたが
赤い感じの純朴そうな男子。

やさしい男子だったので、俺は
好きで良く話を聞いて、

「へーーーー。」

って思ってたんです。

ただ女子側は果てしなく引いて
ましたが。

発言があまりに二枚目ラインなので。。。

これが女性とのコミュニケーション
の積み重ねが少ない事の弊害なんです。

実践の方が足りていたら。

あのキャラクター設定はしないで、
女性の持っているイメージに
上手く自分をマッチさせる事も
できたと思うんです。

そしたらあそこまでは引かれなかった
と思うんですよね。

なぜ実践を避けるのか。

学ぶ事は頭を使うという痛みがあります。

ただ実際に実践をしていく事。
ここに一番の活動の痛みが伴う
部分だからです。

だから、学びだけで終わりにする事って
出来ないかな。

って思うんです。

痛い目を見たくないから。

考える事は大切なんですよ。
学ぶ事で成長します。

こういった言葉を使えば、このような
事を思ってもらえるだろな。

というように。

それと同時に。
これも知らないと、O寺君はいけなかった
んですよね。

続きます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-会話・言葉
-,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER