結婚

女性を『選ぶ』事の大切さ。/その5

ここまで20代後半のうちに
自分に合うか合わないか。
ここに目的意識を持ってこれるように
なると、こりゃすげー。

というのが前回までのお話。

なんでか?というと。

大量に女性に会っていくという
活動をするのであれば。

俺達のターゲット層は20代の女性に
なります。

もっと言えば、先のパートナー化を
考えるならば女性は20代前半である
事が理想的です。

ある程度先の事を考えられる女性は
将来を逆算しています。

そうすると女性は、自分自身が
20代前半のうちに、男性パートナー
見つけて、数年の時間を過ごして
そしてパートナー化へ。

と考えているんですね。

だから男性から見て、良い女性は
早いうちに結婚をしていく
可能性があるんです。

綺麗なのに30代まで独身でいる
女性は、高い確率でコミュニケーション
上に何かしらの強めの欠点があったり
するんです。

すると。

より多くの女性と会っていこう。

となると、こちらも20代から
30代前半であった方が
女性のアンテナに引っかかる確率
は高いんですね。

特にパートナー化を意識した活動
をするならば、それが要領が良いわけです。

もし、自分が40代でこれからパートナー
探しを開始する場合。

ワンクッションが必要になるんです。

それは恋愛感情を前提にして
出会っていく事では要領が悪くなる
からですね。

そしたら会う前に
ワンクッションを入れる。

恋愛感情よりも先に、楽しい。
という感情を持ってもらう
ワンクッションが必要になり。

一緒の時間が楽しい。

という経験をさせてからの

一緒にいる時間の喪失。
それは寂しいな。

という感情を持ってもらえる
ように仕込みをしていく。

で。
それが恋愛感情として成立する
ようになる。

自分自身が20~30代前半ならば
このワンクッションが必要なくて
女性の方で勝手に恋愛対象として
とらえてくれるので、要領はやっぱり
上がるんです。

20~30代前半ならば、切り口は
両方使える。

40代以上になると、恋愛感情の方は
カットして考えないといけない。

で。
30代ぐらいで自分にマッチした
女性パートナーを見つけたら。

この活動はここで終了です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たぶんここまで活動をしたら
普通の男性の数十倍の女性と
コミュニケーションを取るという
経験を積んでいます。

しかも目的意識を持ちながらの。

吸収できている質が普通の男性とは
違います。

そうすると、選んだパートナー
と共有する時間もすごく良い時間を
持てるようになると思うんです。

ここまで活動をしてきた事で、

他の女性に強い恋心を持つ。

この確率は非常に低くなる。

もうそれは散々やってきて。

結局は自分が合う女性と一緒の時間
を共有する方が、自分の幸せを
考えた場合には要領が良い事を
感覚的に理解できてしまったから。

続きます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-結婚
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER