女遊び

考えている今後の女性獲得活動の方向性。/その7(完)

※今後、俺自身が女性獲得をしていく
メインのステージについて
現段階で考えている事をまとめてみます。

いよいよアホほど長くなって
まいりました。

ここから読むと、

は?

なんで楽天市場の話?。

ってなりそうなんで。

今、俺が中心でやっている女性獲得活動の
動きを商業活動に置き換えて
説明をしている途中なのでございます。

最初から自分のお店でしか
手に入らないもの。

なんて手に出来るはずないのです
から、まずは売り易いものから
売り易い場所で売っていく。

これが王道だと思うんです。

しかーし。

この王道中の王道をほとんどの男性が
やっていないんです。

だから生涯経験人数が11人とかいう
数字になるんだと思うんです。

王道で売り易いものを売るのでしたら、
100人とかの経験って片手間で遊んでいる
内に到達してしまうはずのものなんです。

だから王道をまずは通るって大切。

今、そこをメインにして活動をしている
わけなんですね。

そうするとそこに来るお客さん
(女性獲得活動で言う所の、女性。)

は、他のお店と比較をして
どうしてもちょっと上から目線で
お店を選ぶわけですよね。

最初は。

比較されるお店はあるし。

他のお店にもある商品を置いている
わけですからね。

まだまだ俺達お店側が弱い立場にあるんです。

でも商品のレア度を上げていくと。

その立場は徐々に逆転をしていくわけです。

で。
今度は自分のオリジナルのお店を持つ
とすると、そこへの集客が必要と
なってきますよね。

その集客のために。

前にお話をした。

エンタメな活動。

が使えるなって思っているんです。

エンタメな活動というのは、2つの意味を
持っているんですね。

・集客。

・お店の唯一無二の魅力を表現する。

これにて、お客に来てもらって。

そこで、レアな商品を購入してもらう。

いよいよ全くわけが分からない話に
なってしまってきました^^;

今、俺達がどの場所にいるのか。

今は楽天市場で売り易い商品を売りながら、
商品のブラッシュアップをしている所。

で、商品のブラッシュアップ。

これは継続していく
ものなので、いくらレア化させても
終了はない。

ただレアになればなるだけ、
良く売れるようになる。

良く売れるようになったら。
売る相手を選べるようになる。

俺自身は今、比較的良く売れる商品にまで
ブラッシュアップが出来たところ。

だから結構売れる。

時には売れまくる。

一緒に動いているメンバーは、
今はまだ楽天で売り易い商品を
売りながら、ブラッシュアップを
している所。

ただ売れば良いわけではないですから。

他の細かいディテールにも気を
配る必要はあります。

包装は綺麗にするべきだし。

対応は迅速にした方が良いし。

お客とのやり取りも安心して
心地よいものとして感じてもらえる
ようにする必要はあるし。

活動の中で気にするべき点は多々
あるわけです。

これを全部一人でやるんですね。

普通は。。。

だからアドバイスも無しに。

・・・そりゃ無理ですよ。

心折れるって。

で。

今、この楽天市場から
売れる商品を売るといった
経験からスタートしておかないと。

将来、女性獲得活動上での

ホームレス状態になってしまう。

・・・です。

もちろん、女性獲得活動と
商業活動は違いますから、商業活動
は成果を出さなかったら、
飢え死にします。

女性獲得活動はそうではありません。

だからさらに真剣には向き合う
テンションになれないのかもしれません。

でももし獲得をしたいのであれば。

必ずスタートする時が必要です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

俺はそれが大学のサークルだったわけで。

そこから絶え間なく形を少しづつ
変えて活動をしてきているんです。

だからもうどうにでも出来ます。

商業活動でのいわゆる、

今、無一文になっても0からになっても。

どうにかして売上を立てる事が
簡単にできる状態にあります。

段階があります。

いきなり同じステージには来れません。

細かく出来る事のディテールの差が
あるので、まるまるで同じ事を
やっているようでも、結果は
絶対に違います。

ただ尋常じゃないスピートで
成長する事ができます。

売れる商品が分かっている。

売るべき要領が良い場所は
分かっている。

商品をブラッシュアップして
レア化させていく方法も分かっている。

オリジナルのお店を出して、さらに
お客全体の質を上げる方法も分かる。

そうなれば。

それはめちゃスピードで成長する
のもうなずけるんですね。

今後もバリエーション豊かに
質の良い女性と関わりを持ちつづけたい
という欲望を持っているならば。

その中で良い感じで再現できる
であろう事は、

自分の媒体を持つ事。

ここになると思います。

でもそこにたどり着くためには、
段階があり、やる事は色々とある。

ただ何もご褒美がないでただただ
ストイックに修行をするのは、
途中で心が折れる。

だったらもっとも優しい所から
スタートして、ご褒美をもらいまくり
ながらやるべき事をこなしていけば
それが一番、心が折れずらいのじゃ
ないだろうか。

そんな事を描きならば活動をしていて
その成果は上出来。

あるコンドーム会社の統計では、
男性の平均的な一生の女性経験人数
は、11人だそうです。

これは俺達の活動の数ヶ月分。

数はどうでも良い。

でもそれだけ経験豊かな人生である事。

これは喜ばしい事だと俺は思っています。

今、スクールでやってもらっている
活動は、今後の活動の中でエンタメ要素
でアクセスを集めていく時の
大きなネタにもなる。

自分で自ら他の男性ができない事を
探してやらなくても。

今、スクールでやっている事自体が。

普通の男性がやらない活動になる。

でも普通の男性は、なぜそんな事が
できるのかが分からない。

なぜそんなに多くのネタをこの男性は
作り続ける事ができるのかが
まるで分からない。

それを見た人が同じ事をやろうとする。

でも、その根底にある活動が全然
分からないから同じような結果になんて
ならない。

スクールで活動をしている男性は、
エンタメの経験ベースのネタに困る事は
ほとんど無い。

日々の活動の中から、面白いネタが
次々に出てくるのですから。

それは他の男性には決して経験ができない

“冒険”

の要素が多分に含まれている。

それをエンタメとして表現をしていく。

もちろん媒体のメインは、

“女性のメリット。”

その女性のメリットに興味がある人が
集まってきたり、エンタメ部分に興味を持って
集まってきてくれる女性が一杯
その媒体に集まるようになってくれる。

で。
エンタメ部分で集まってくれた女性も
媒体の核には、女性のメリットになるものが
しっかりと置いてあるから。

興味を持つ。

女性のメリット×エンタメ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そしてエンタメ部分のネタは、俺達が
年をとっても作り続ける事が十分に
可能なのです。

これが俺が今後の女性獲得活動の
中で作っていきたい形。

ここまでいくと女性の質は高くなる。

かなり高くなる。

60代で20代のかわいい子を抱く。

ここまで来たら面白いように再現できる。

これを今後の活動の中で証明して
行こうと思っています。

いやね。

そこまでいかなくても。

スクールの初期~中期段階で普通の男性とは
別次元の世界に行きますから。

そこで満足する事になると思うのですが。

俺は理由が無い結果を信じていません。

大した根拠もなく、こんな事はいいません。

これまでの経験と今やっている活動と。

それらを見て高い確率で作り上げられる
形だと思っています。

スクールの終わりまでの間に。
ここの形までお伝えしたいと思っています。

これから若さが失われて行く間に。

俺達はそれに代わるものを入れていかな
ければなりません。

たった1回の人生。

好きなだけ女性を抱きたいです。

そのために準備を俺はします。
散々楽しい思いをしながら準備をします。

そのすべてが、楽しい経験すべてが
先の糧になる。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER