女性への具体的なメリットを自分に積み重ねるとは。

これは地味な活動になります。
ただやる事によって他の男性との差別化ポイントは
多くなっていきます。

微差を生む考え方なのですが。

自分を女性に向かって表現をする場合というのは、
実際に今まで自分がどういった事を
やってきましたか。

これがベースとなり表現されていくわけです。

そうなると基本的には、興味を持っている人
とかは強いです。興味を持って行った事を
やっていけば、それが自分の経験となり
蓄積される事になり、女性に向けても表現が
しやすくなります。

そこで。
もう少しさらにこの点を掘り下げて考えていきます。

ここで対象となるものが、男性も女性も興味
があるものであったりしたら、なお良いわけです。

例えばです。

身体の事・ダイエット・美容・健康。

女性の永遠のテーマです。

ここで超効果的な方法を自分を通して実際に
身に着けたとします。

そしたら、それは女性に向けて表現できる
自分の要素とする事ができるようになります。

基本的には、身体に関する事、健康に関する事、
美容に関する事などに詳しいというのは
デメリットになる事はないです。

そういった事を自分を通してやっていくってのは
良い活動だと思うんですね。

特にダイエットであったり、身体に作用する食であったり
健康であったりは自分自身も思いっきり考えて
何を採用するかを決めていかなければならない
部分なので興味を持ってみると、表現できるものの
1つになりえます。

もちろん、こういった事を表現できたからといって
それが別にスマッシュヒットになるわけでは
ないのですが、小さく影響力を上げます。

例えば、

趣味・はまっている事。

というものの一つとして、

「モンハン。」

と表記している男性と

「食べながら痩せていくスキル。」

と表記している男性。

一瞬、

「ん?」

って目が留まるのってどっち。

何回も言いますが、別にこれだから女性が寄って
きますよという事ではなくて、こういった
一つ一つの

「ん?。」

という引っかかりになるようなものを自分に
身に着けていきましょうよ。

というような活動をしていく事が。

女性への具体的なメリットを自分に積み重ねる。

という言葉で説明をしているつもりです。

こういった事を続けていくと、多くのものが自分に
積み重なります。

で自分を表現する要素となります。

それが幾重にも重なっていくとどうなるか。

「知らない世界を色々と知ってそう。」

ってなります。

分からない何かがありそうな男性。
ミステリアスな部分が多々ある男性。

と、

そこには普通の言葉だけで埋められている男性。

関わりたいと思う確率があるのは?。

これを考えながら色々な活動をしてきています。

私がお酒のネタを色々と作るのも。
それを女性との接点のネタにするためだったり
するんです。

身体に関する事は、自分のメリットにも直結するので
取り入れるのはともて良いです。

ただし条件があります。

パッと見たときに興味を引くものである事。

「食べながら痩せていくスキル。」

は、パッと見たときに興味を引きます。

「ウォーキング大好きです。」

は身体に関係する事ですが、興味を引かないです。

さて。

蛇足です。

近日、ながーい時間をかけて自分の身体でテストしてきた
内容をまとめ終わりました。

結果からして、革命的な成功です。

タイトル(仮)ですが、こんな内容です。

いつまでもお腹の出ないワイルドなオスの身体を
厳しい節制など必要なく、たっぷり食べながらキープしていく。
さらに重大な生活習慣病なども回避できる確率がある。
常識を捨てて、太らない身体を手にする方法【revolution】

これやるやらないにしても。

んっごい知る意味があるものとなっています。

し、上記で話をしたように、女性に興味を持たれる
ネタを一つ持てるようなものです。

おかげで、今、私の身体は全然節制らしいものを
してもいないのに、うっすらと身体にカットが出る
感じになってます。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年5月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:魅力

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ