Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

なぜ周りの環境が大切って言われるのか。

よくこういった言葉を聞く事があります。
周りの環境が大切だよ。
最も仲の良い友人数人の平均年収が自分の
平均年収になるんよ。
とか、
モテない男性の中にいると、いつまでも自分も
モテないままなんだよー。

だからね。

周りの環境は大切なんだよー。

良く聞くお話だと思います。

ここをもう少し掘り下げてお話をしていきます。

そうすると、

「あ、単純に周りの環境っていう事だけじゃ
ないんだな。」

というような事も分かってきます。

まず重要なポイントは、人間はそこまで明確な
意志を持って生活はしていないって事です。

漠然と生きたい。

できれば考えたくないですし、新しい問題点が
出てきたら、それについて真剣には考えたくないので
できたら先送りしたいと考えます。

つまりあまり自分でガンガンと考えていく。
というのはなるだけ避けたいと思うのが
普通、当たり前の状態なんです。

これが分かると連動して分かってくる事があります。

つまり面倒だという事は。

なるだけ自分で判断をしないようにしたい。

これです。
これっ。

だから普通の感覚の人は周りの人の流れに
同じように乗ってしまうものなんです。

例えば、高校生の時に進学校に行っていて
周りは現役からガンガンに勉強をして、
より高い大学を目指すのが当たり前。

そういった空気感があれば、自分もその空気に
乗りやすくなるんです。

その環境にいて、あらゆる可能性や時間の使い方を
考え続けて、そこから違う可能性を見つけて
周りとは全然違った選択をする。

というのは少数派になるわけです。

だから普通の感覚を持っている人であれば
あるほど、周りの流れというのには乗るもの。

その流れに自分の考えも流されるのが普通。

だから周りの環境は大切ってなるんです。

俺には俺のやりたい事があるし、興味があるもの
があるから、周りとかって全然関係ない。

他人は他人。
好きな事を選択しればいいじゃないの。

自分は自分で興味がるものに突っ込んでいくぜ。

これはいわゆる変わり者の部類にされてしまうタイプ。

だから多くの人は普通という位置取りになる。

別に普通になろうと思って普通を選択した
わけじゃなくて、流れに乗っている方が楽だから。

だから自然と、周りと同じような感じになって
いくわけです。

で。

私はそうじゃないようにしましょうか。

という提案を多くするわけです。

普通というのは流されていた。

という面がありますから。

そうするとどうしても女性の目に留まるためには。

興味を持ってもらう事には普通はデメリットに
なるからです。

どうしても現状の普通の状態をそのまま表現を
していけば、多くの人が同じような感じで
収まっていきます。

そこで私達は、女性に興味を持たれる男性に
自分を意図的に近づけていくって事を
オススメしているわけです。

そうすると選択するのも、自分で意図的に

『こうやって女性にイメージさせたいから。』

というように選択をしていく。

それが私の言う、表現ができる事の質を上げる。

に該当します。

私達は流されてしまうから、それを知って
面倒ですが、考える、いったん止まる、考えたものに
向かって自分を押し進めるといった事を
やるようにするわけです。

って事で、大切なポイント、必要な事などに
ついては自分で考えるという事ができる
人については、あまり周りの環境ってそこまで
思いっきりは影響しないと思うのです。

勝手に自分で知っていって、ドンドン進むから。

という事が分かれば、流されそうになった時、

おっと

と立ち止まって考えれるようになったりします。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年5月30日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:人間メカニズム

このページの先頭へ