Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

複数の仲間達と女性数千人と時間を過ごして分かった事

私は相方達や仲間達、男性複数人で女性に声を
かけて遊ぶという事を主体にしてきました。

そうすると面白い事が見えてくるのです。

この形の遊び方としては、
女性がその複数人の男性の中の誰かに食いつく
と上手く展開させる事ができるわけです。

もちろん、誰が食いつかれるかはその都度違う
わけなんですけども、皆それぞれ個性が違います。

そうするとこれをずーーーーと繰り返していると
分かる事があるんです。

仲間のひとりにくいついた女性がいる。

ならば、その女性の属性が薄っすらですが
その段階で分類してしまう事ができるんです。

そうこうしている内に、じゃーどういった女性を
私達は望むのだろうか。ここを考えて逆算的に
アプローチをすれば良いのではないかと考えたのです。

こういった属性の女性を引き寄せたいのであれば、
私達男性側はその女性が興味を持つ男性属性
に寄せればよいのではないか。

という事でした。

もうここぐらいから女性の属性を考えるという
事が大切なんだなって、うっすらと気づき始めて、

自分に合わせろ。

じゃなくて、女性側に自分達を寄せていった
方が話は早いし展開も良いという事が分かって
きたんです。

で。

そこで分かる事は、私達の仲間の中でもっとも
女性からの反応がもらいやすい仲間ってのが
やっぱり出て来るわけです。

シンプルに広く一般受けの良いルックスの仲間に
なるわけなんですが。

で当然トークもコミュニケーションも上手。

しかしその相手の女性が最良か?

となるとそれがそうでもないんですね。

別の属性の女性の方がメリットは多いわけです。

そこで考える事は、なぜこういった差って
出るのだろうか。ここは考えるとすぐに答えは
出ます。

集客するための看板が違う。

(看板とはこの場合女性の興味に刺さった
仲間の種類が違うって意味になります。)

そうなると出す看板が違うと、例えば10人女性を
集めたとしても、4~5人ぐらいはあまり
良い相手とは言えない。

※良い相手⇒目的に合っていない。

だったらもっと集客率は悪くなるけど。

10人集めたら、目的に合っていない女性は
1人いるかいないか。

ならこっちの方が実質的な要領は良いって
事になるな。

とその当時に判断を下して。
今も活動をしてやっぱりそれはそうだな。

とその当時に下した結論は、今も変わらない
って事になります。

ところがなんです。
この結論を、不特定多数の方に見てもらうと
多くの男性から拒絶反応が出るという事が
分かったんです。

典型的な反応としては、

「その要素に興味があって、
食いつくのは一部の女性だけになるじゃないか。」

そりゃそうです。
どんな事だってその言葉は当てはまるのですが。

でも、薄々分かっていたんです。

こういった尖った話をしてしまうと、
多くの人に拒絶反応が出てしまうという事は。

そこから段々と尖った結論を、多くの人の
目に触れる所には出さないようにしようと
思ったんです。

特に男性の生物としてのプライドに大きく関わる
ポイントについて、尖った結論を出すと
それによって傷つく男性が多く出るんです。

そこである事で私も気づいた事があったんです。

その尖った結論をすごく否定された方がいらっしゃって。

中々インターネッを媒介とすると、実際のその方
ってどういった方かってわからないんですが。

その方自体は自分から発信をする側の立場を
取っている方で、しかも女性関係に関しての
情報を発信する方だったんですね。

そこで私は思いっきり現実を見せられたんです。

その現実とは・・・

続きます。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年7月2日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:女遊び

このページの先頭へ