学び・知識・知る事

考える・知る事。/その8(完)

そんなわけで、長く続きました
このテーマも、今日で終わりにします。

そうそう。

前回の終わりの方では、俺が一番大きな
失恋をした時の相手の女性の話でした。

そこからのお話としての、続きです。

俺が超絶に失恋をした相手。

・・・今から冷静に考えれば。

たぶん、その後お水の道に入って。

そのままその世界にどっぷり。

男性の出入りの激しいタイプに
なっているかと。

結構高い確率でそうなっているかと。

というのも。

育ってきた環境。
回りの友人の環境。

そういった事の影響力がどれぐらい
あるかとか、そういった事を
判断する事が出来るようになった
からですね。

いやーあぶねーあぶねー。

ただもしかしたら、そうなって
いない可能性があります。

回りの環境は良くないタイプの女性達
で囲まれていました。

簡単に言えば。

友達で彼氏がいて、浮気をしていない
女性が一人もいないような友人達。

で皆が見た目がキャバ嬢(笑)。
絶望的ですね。
今考えれば。

うん。
どう考えても。

本人もそうなはずですね。

本人だけ例外って当時は思っていましたが。
そんな事がありえるはずがない。
いやーそんな事を心から信じていたんです。

相対的に判断ができないって
恐ろしい事ですね。

って事で、その環境に引っ張られる
確率は非常に高いです。

ただ1点。

望みがある部分があったんです。

安い労働力にはならない。

そのために準備をしておく。

この考えを持っていたので。
お水の道には入っていないかもしれません。

お水の道は、一部のトップレベルの
人以外は、お金にだらしなく
結局は安い労働力になる事が多い
からです。

なんて笑い話に出来るのも、それから
浴びるように女性と関わってきた
結果として、相対的に見る事が
出来るようになったからです。

今回のテーマ。

非常に長いお話になりましたね。

恋愛・女性関係。

という枠からは、だいぶ外れた話も
多かったですけど。

恋愛感情だけで、男女は長くは
一緒にいる事が出来ません。

それに最近会った女性達とお話を
していて、

「あー、いい男性と知り合って
欲しいなー。」

って思ったりしたんですけど。

多分。
それは厳しいかもしれないなー。

とかって思ったんです。

その要因の一面として、

どうやっても安い労働力にしか
ならない道を選択し続けていた
からです。

って事は、これまでにそれについて
考える・知ろうとする。

って事をする習慣がなかった。
そういった事なので。

そういった女性に、そういった点を
考える習慣がある男性が興味を
持つだろうかって考えると
厳しいだろうなって思うんです。

女性の場合は、自分を美しく保つ
努力と、居心地の良さを男性に
与えられるコミュニケーション力。

を持っていれば。

良い男性を選べる確率はグンと
増しますが、そこにしっかりと
該当できない。

さらに安い労働力にしかなれない。

ってなると、何も一緒に生きてく
魅力という武器が無いんですね。

あと。

ある程度自分を綺麗に出来ていない
女性とかって、、、

少し性格に歪みが出やすいです。

と言うのも。

女性はかわいいだけで。

人生が明らかに得するように
なっているので、スタートで大きく
つまづいてしまったら。。。

やっぱりちょっと性格は・・・。

長くなりましたが。

何かの気づきのキッカケになればと
思います。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-学び・知識・知る事
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER