学び・知識・知る事

考える・知る事。/その7

相対的に女性を比較できるぐらいに
女性と関わりを持つ事ができると、
すぐにその女性が、

「いい奴か。」
「悪い奴か。」

を判断する事ができるようになり。
その確率はめちゃくちゃ高いものになります。

というのが前回までのお話。

これってある職業の人が得意とする
事なんですね。

それが、「人事」の人です。

この人達は何万人という数の人と
面接をしていくんですね。

だからこの人がどういった人か。
というのは、もうほとんど分かって
しまうんです。

数分の間に。

ある程度、どういった所を見るべきか、
などは先輩達から教えてもらうのですが。

もし、ノウハウさえ教えてもらう事で
分かるようになるのでしたら、人事の人は
最初からエキスパートになれます。

が。
実際はそうはなれなくて。

結局は、考えながら経験を繰り返して
真摯にその仕事を継続した人が
一番の力を身に着けるようになります。

あとはやっぱり人間を見る力は、
どれだけの人と関わり、その人の事を
知ろうとしたか。

ここの量稽古って避ける事ができない
部分になるんですね。

言葉としては表現できない、感覚としての
部分は対人間である限り、決してなくなる
事はありませんので。

俺達が女性と接する場合は、もっともっと
時間を使う事ができます。

一杯の話をする事、コミュニケーション
を取る事が許されています。

女性の言動の選択を見る時間が
たくさんあるわけですから。

そこからは、かなりの情報を得る事が
できるんです。

だから相対的に比較する女性経験数を
増やせば増やすほど、その力を
増す事ができると思うんです。

って事で。

この女性しかいない。
この女性がベスト!。

って強く思ってから。

それから20年近くの時間が過ぎて。

ふっ。

と振り返った時に。

「いやいやいや(;´・ω・)
全然ベストじゃなかったな。。。
たぶん、今頃痛い目見ていたな。」

って思い返すものなんです。

大学の仲間と話をしていても、そういった
話で盛り上がります。

その当時、思いこんでいた女性を
パートナーにしていたら、誰が一番痛い目に
あったか。

みたいな話をしたりして。

ま。
そういった話をしながら、思った事は
そういった仲間の中でその当時、
思いこんでいた女性を
パートナーにしていたら、

一番痛い目を
見たのは・・・。

俺でしょうね。。。

続きます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-学び・知識・知る事
-, , , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER