女性が身体を許すのは信頼は当然あるからです。

女性側はセクシャリティに関しては、
とにかくリスクがエグイです。

ですから、いつでも女性側は男性よりも
多くのリスクを背負っています。

当然そうなると女性側としてはそのリスクは
少しでも低くしたいと考えます。

そうすると、心配な気持ちを持つような相手(男性)
とは関わりたくないと思うのが当然です。

非常に残念な事なのですが、あまり考える事が出来ない
男性は女性からはカットされてしまいます。

なぜならば、どうしてもその男性が表現をしている
内容というものに女性は不安を感じるからです。

今日もツイッターを見ていると、男性が活発に
エロい活動をしています。

私はこの活動をしている男性達を応援をする側です。

がんばれ。ト。

が。

「今新宿の〇〇にいます。
フ〇ラをしてくれる人誰かいませんか。
連絡待ってます。」

で。
フルボッキの画像が一緒に掲載されているのですか。

このやり方で女性がヒットする。

と思ってしまう場合は、申し訳ないです。

今後も状況は変わりません。
一生、その欲求不満は継続します。

理由ですが、冒頭を思い出してください。

女性側はセクシャリティに関しては、
とにかくリスクがエグイです。

このような文言を選んで女性を集めようとする
男性を信頼できますか。

冷静見てください。このような発言をする
男性を選ぶ女性っていません。

女性の人手は明らかに足りていないのですから。
供給“超”不足なのですから。
女性はより自分の事を満たしてくれる信頼を持てそうな
男性をゆっくりと選べばよいわけです。

私達はどうやって信頼を表現するのでしょうか。

何をしたら信頼されるのでしょうか。

当たり前ですが、発言が攻撃的な人を信頼する
人を信頼するなんて事はありません。

くたびれて疲れているような雰囲気がある男性って
なんか信頼できません。

そもそも自分が短期でついつい信頼をしてしまう

同姓

の男性をイメージしてください。

・・・。

イメージ出来ましたでしょうか。

女性だって一緒です。

信頼はコミュニケーションを積み重ねる上に
作っていく事も出来ます。

その場合、コストは非常に多くかかります。

私の中では、どっちかなんです。

・一人一人の女性にコストを積み上げて
興味・信頼を持ってもらって会う展開へ。

・女性の興味を引けるような自分を作って。
さらに女性の興味にピンポイントで刺さるような
オファーを立てる。

私の場合は、女性の興味を引けるような自分を
作るというのは、結局の所、普通の生活でも
自分にプラスに作用する。

それに今後の継続的な活動を考えた場合、
1つ1つのケースの労力コストを下げる事が
できる方が結果的に見て、投入する時間・労力コスト
は低くなると見ているんです。

だったら最初に用意をしてしまった方が
長い活動の中では、使うコストは下げられます。

例えば。
20往復して徐々に自分を信頼してもらうという
方法をとるなら、最初からある程度女性側が
信頼してしまうような準備をしておく。

そうすれば、女性側は事前にこちらが用意した
ものを、こちらの想定している順番で
見ていく事になります。

そうするとどういった気持ちの変化が
起こるかという事が分かりますから。

より精度の良いシカケを作る事ができるわけです。

女性獲得活動では、

・手を抜けるポイント
・大量に労力コストを投入するべきポイント。

というのがあると思っています。

あと。

一瞬でこの人は努力が出来る人だと思わせられる
ポイントってのもありますので、それって
表現をした方が、一発で伝えられるので
良いと思っています。

伝える場合は言葉よりも、間接的に伝える方が
効果は高いです。

女性と接点が多くなれば多くなるほど、
てんやわんやとなるのは好ましくなりません。

最短のコストで女性と会う。

が。

その状態になるまでには、全然違うポイントで
コストを投入しているから、最短のコストで
女性と会う事が可能になります。









■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年7月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:女遊び

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ