愛情・友情・信頼・尊敬との関係性。

男性と女性との間に友情はあるのか。

という話は何回も聞いたことがあると
思います。

今日は、それに関係した感情である

愛情・友情・信頼・尊敬

と交えてお話をしていきます。

まず考える事というのは、それぞれの感情に
相関性はあるのかって事です。

相関性って。

こんなイメージです。
テニスが上手い人は、大体バトミントンも
上手い傾向にある。

ってのが相関性。

高校の部活で強豪サッカー部に所属している
レギュラーメンバーは、大抵マラソンも早い。

ってのが相関性。

合コンを死ぬほどやっている男性は、ちょっと
覚悟を決めれば、/ナ/ン/パ/もできるようになる。

ってのもこれも相関性。

二つの間に近しい関係性が成立している。

サッカーが上手い人は吹奏楽でのフルートの
演奏が上手い・・・というのは全然つながらない
から、この場合は相関性は無い。

このように考えていきますと、

愛情・友情・信頼・尊敬。

これって考えていくと、ものすごく関係性
が近いです、相関性がありまくりです。

例えば、信頼ができるから、友達になれます。
尊敬ができる部分があるから、友情は続きます。
信頼があるからそこに愛情も生まれる。
まったく尊敬できない相手に愛情は持てない。

この感情は、どの場所にも移動していく可能性が
高いって事が分かります。

尊敬から友達へ。
友達から愛情へ。
尊敬から愛情へ。

ただ流れとしては、友達・愛情の前に
信頼・尊敬の存在があるって事で、

愛情⇒信頼・尊敬。

という形は成り立ちずらいです。

こういった相関性が分かれば、友情から愛情
というのは、

・一緒にいて楽しい。
・ずっと一緒に遊んでいたい。

という感情から、それが異性の場合には
愛情へとスライドしていく可能性が十分に
あるという事が分かります。

相関性が高いというのはそういった事になります。

という事は男女の関係は、その前に人間関係
があるわけです。

その人間関係を成り立たせているものが、

信頼・尊敬。

とするならば、相手にそれを感じさせないような
ファーストコンタクト、コミュニケーションを
取ってしまうバランス感覚が悪い人は
いつまでも異性との人間関係を作る

という段階で失敗をしてしまいガチとなります。

女性の場合、他の感情である。

愛情と好意。

ここの相関性がより高い事が分かっています。

女性には好意を持ってもらう事が
愛情を感じてもらう近道なのが分かります。

もちろん、愛情とセクシャリティは近い関係
ですから、ここについて考える事は大切です。

・・・そもそも男性に強い性欲がある。
というだけで男女間で友情を継続させるのは
難しっす。






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年7月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:恋愛理論

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ