VHSが普及したのも、SNSが普及したのも男性の性欲パワー。

SNSが大ブレイクした理由の1つとして。

恋活サイトなどとの連携があると言われています。
・・・非常に納得です。

世の中では、クリーンである事を前面に押し出して
表面的には綺麗に見せたがりますが。

多くのケース、サービスが爆発的に広がる背景には
男女の性欲パワー(ほとんどが男性ですが)
が大いに関わります。

このようにSNSが普及するにともなって
恋活サイトなども活性化して。

より多くの人が参加をするようになる事で
より多くのデータが集まるようになります。

そうすると、そこで活動をしている人達で
要領良く活動できる男女はどういった人達で
逆にもっとも要領が悪く楽しい事が起きずらい
人達ってどういった人なのか。

という事まで分かるようになります。

では。

まず女性側はどういった女性だと、こういった
SNSであったり、恋活サイトで大きなデメリットを
背負いやすくなるのか。

非常にシンプルです。

こういった場所では、

「太っている女性」

がこの場の最大のデメリットを
背負うようになります。

女性は太る事によって、女性である事の
メリットをほとんど失ってしまう
ようになっています。

もう少し言いますと、女性は太っているだけで
まず彼氏ができる・結婚できる確率が急降下します。

さらに。

付き合う男性の経済力は低くなる傾向が
高くなります。女性で太っているだけで
条件が良い魅力が高い男性は捕まえられなくなります。

女性がもっともやってはいけない事。
それが太る事と決定的になっています。

この点は男性が女性へ求めているものが
外見に表れている分かりやすい美しさが
ベースになっているので、このような
分かりやすい形になります。

男性がもっともデメリットが大きくなる
のは、もう少し条件は違ってきます。

ここの理由は女性が男性に求めているものは
男性ほどシンプル化していないからです。

女性が男性に求めているものは、

”総合的な総合力”

になるからです。

そうすると、必然的に答えが見えてきます。

女性がこういった恋活サイトでもっともデメリットを
背負ってしまう条件は太っている事。

男性の場合は、

魅力が低い男性。

これがもっともデメリットを背負う事になります。

男性側の対策はちょっと難しくなります。

女性のように、とりあえず太っているならば
スタイルを整える事で一気に状況を良くする事が
できるわけです。

男性側はそういった形にはならない。

というのも男性が女性に求める要素が狭い
わけではなく、広い範囲で求める事になるので

総合力=魅力

となるわけです。

そうすると単体について手を入れれば
どうにかなる問題ではない事が分かります。

女性の場合は、とにかくダイエットして
スマート化した段階でもっともデメリットを
背負うという立場から脱する事ができます。

男性の場合は、このように単体の事をやっても
抱えている問題は単純に解決する事ができない
わけです。

ただしそのように総合力である魅力という
難しい問題を抱えている、そこに最大のデメリットを
背負ってしまうという立場にある男性は。

コツを理解して魅力を積み上げる事ができる
ようになった後に大きなメリットが潜んでいます。

ある程度以上に人間から魅力的だと思われる要素を
積み上げる事が出来た場合。

今度はもっとも得をするのは・・・

そう。

(魅力を向上させる事が出来た。
魅力を自分に備えさせるように積み上げてきた。)

男性達という事が分かっています。

女性はダイエットしてメイクするのが
分かりやすい人生を変える近道の1つ。

男性の場合は複合的になりますが、自分の
魅力を上げていく事。

難しいテーマである代わりに、それをある程度以上
身に着ける事によって、

男女共の中で、もっともメリットを受け取りやすい
立場である、

“魅力がある男性”

という立場に立つことができるようになります。

男女の中で、もっとも得をする立場になるのが
魅力がある男性と考えられています。





■5日間のみ(7/23まで)!
限定復活の教材【黒のFile】■


騙し・快楽・悪意・エロス・乗っ取り
などをテーマにした、人間の“黒い部分に焦点”を当てた
内容となっています。
常時ご覧いただけるようにする内容ではないので。
限定5日間のみ、再公開します!

【黒のFile】




■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ