差別化

あなたが楽しい環境になるために。

以前に自分が恋愛や人間関係を良好に
するためには、何を学ぶべきか。
これは自分が学ぶ必要がある時には
何を学ぶべきかは、分からない。

こういったお話をしました。
(まぐまぐメルマガの方で。)

そこでこのお話をしなかったなと
思う点がありまして。

ではどうやって教えてくれる人を
選ぶのか?。なのですが、それも
学ぶ必要がある時には、その相手を
選ぶ事ができない。

そこで一つの指針なのですが、

自分にとって学ぶ事が必要なもの。
これは分からない。

でも、教える側の人は

“俺はこれを教えたいんだ!。”

って思っている人が教える側に
いる事になるんですね。

この逆で

これが必要とされているので、俺は
これを教えようと思います。

だと全体的に楽しくなくなる
なって思うんです。

だからその人を見て、それが自分に
必要かはわからないけど。
とりあえずその教えたいんだ!。

って言っている人の勢い。

雰囲気であったり、テンション。

それが自分にあっているな。
なんかわからないけど、パワーを感じるし
それが嫌な感じがしない。

むしろなんかいい。

そう思ったら一体何が学んで
いけるのかはわからないけど。

教わってみる価値はあるかなって。
話を聞いてみる価値はあるかなって。

何を学ぶべきか分からない人。

と。

これを俺は教えたんだ!。

って人。

このタイプが出会ってスタート
すると思うんですね。
何かしらの伝授っていうのは。

ここが俺も全然分かっていなくて。

こんな風に考えていたんですね。

「これを知りたい人が多いから。
これを教えるべきだ。」

っていう考えにとらわれていて。

だいぶこの考えから解放されてきました。

これって順序が違うなって。
段々と思うようになってきました。

これやっているとつまらないんですよね。

ヒントにはなるんですよ。
これってお話した方が良い事だよね。

って。

でも、それに従ってるオンリーだと。

そうすると自分がこれは絶対に
必要だと思うんですよ。

これが伝えられない事になっちゃう。

例えば

「コミュニケーション力とか
女性と関わってきた事があまり
ないんですけど。

美人のセフレが欲しいんですよ。」

って言われたら、それに対応
しなくては、いけなくなりますよね。

「これを知りたい人が多いから。
これを教えるべきだ。」

って考えていると。

そんな事は不可能と思っていても
それをやっていくしかなくなる。

全然楽しくない。。。

だから何か伝えたい事がある時は、

これをお話したいんです!。

これを先行でやっていくと良いかなって
思うようになってきたんです。

だから選ぶ側の時もそうなんですね。
そういった要素を入れて俺は選ぶ
ようにしているんです。

その人が何か話するならば、そのテーマ
よりもその人の雰囲気。

これが最初。

それで聞くか聞かないかを決めて
いってしまう。

これは色々な場面で応用してもらい
たいと思っていて。

例えば仕事を選ぶ時なんかもこの
考え方って、応用する事ができると
思うんですね。

続きます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-差別化
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER