考え方

その人それぞれの生き方を決定づけるもの。/その2

同じような環境でそだった
2人が大人になってから
全く違う状態になっていった。

その差は、その2人に起きた
出来事をそれぞれが

“どうやって読み取るのか?。”

ここにかかっていたのではないか?。

それが前回までの流れ。

小さいころから人に良くイジられて
いたという事実。

一方は、

「俺は人から好かれるタイプだ。」

このように読み取る。

一方は、

「俺は小さいころから、背も小さく。
勉強もできなかった。
運動もできなかった。

だから同級生からは絶好のイジメの
標的となっていた。

地獄のような毎日だった。」

このように読み取る事もできる。

そしてこの読み取り方は、
やっぱり色々な読み取り方が
ある中では、

「最悪。」

の読み取り方になると
思うんですね。

確かに同じ出来事でも、やられた
本人がそれを解釈する事になる
わけですから。

言ってみたら全部の判断は

「受け取る側に100%の決定権がある。」

やっている側は、

“イジり。”

だとしても、

それを俺は人気もの。

と受け取る事も可能ですし。

イジめとして受け取る事も可能。

もちろん過度なイジりはイジメに
十分になりえる。

だから受け取る側が嫌ならば。
それはイジりではなくて、

「イジメ」

になるんです。

第三者からみてそれが、どうやって
も友達同士の戯れに見えても。

本人がイジメ。

だ、それによって俺はハードに
傷ついた。

ってなればそれが事実になる。

だから今はすぐに、何かをしたら。

「○○ハラスメント。」

ってなってしまう。

本来ならば、人と人との間
には、面倒な判断がたくさん必要
なんですね。

例えばこれを言ったり、やった
りした場合は相手がどういった
表情であったり、

どういった行動を取ったりする
のだろうか。

これをちゃんと見ないといけない。

それに実際に相手は大丈夫そう。

そう思ったとしても、これは
自分がやられたらどういった
気持ちになるだろうか。

なんて面倒な事も考えないと
いけないわけです。

続きます。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-考え方
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER