Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性にこの人と生きていきたいと思わせるために。/その2

自分の中のダメな部分を認めて
なんとかやり繰りする事が大切。

そういった部分を認めなかったり、
自分の中にはそういった部分は
無いと言い切ってしまう人は、
どうしても他人に対して
やさしくできなくなる。

厳しい態度を取るようになって
しまうってのが前回までの話。

そういった考えを持ってしまう
人の問題は、ダメな人はカット
してしまおうという考えを
持っているという点。

能力が低い人は使えない
からカットしよう。

自己責任だからダメな人は
置いていけば良いという
考えが強くなる。

その考えの中には、

「自分もそういった立場に
なる可能性がある。」

といった事を考えない。

そういった考えを持っていない
ために準備が出来ていない。

だから実はすごく危うい
生き方をしているって事に
気が付いていないわけです。

女性はそういった感覚が男性
よりも強いですからその考え
だと孤立してしまう可能性が
高くなる事を感覚として
分かっている。

だからそういった考えが強い
男性だと、転んだ時に立て直しが
できる環境になかったりする。

フォローをしてくれる人がいない。

それに邪魔をするんですね。

そういった考えが強い男性は。
皆で上手く回していこうという
人達の中に存在していると。

それを解体しようとする方向
で働きかける。

だから皆で何とか回していこう
とする人達からすると、そういった
考えの人は邪魔になってしまう。

だから入ってもらいたくない。

そうすると必然的に孤立するしか
なくなるわけですね。

他人に厳しいというのは、
自分が勝てる立場にあるという
考えが強すぎるわけです。

自分が勝てるから大丈夫。

その考えがベースにある
システムでは勝てる人は
一握りしかいなく、ほとんどは
敗者になるというシステムで
ある事を忘れているわけです。

トーナメント形式にすると、
勝者は一人になってしまう。

だったら自分の所属している
コミュニティー全体で、どうにかして
残っていけるように
考える人の男性の方に

女性はこの人と一緒に生きて
いきたいと思われるだろうな。

その方が残れる人の数が増えます。

そういった戦略を取る男性の方が
生き残れる力は強いなって。

そう女性が感じ取ると思います。










■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2015年11月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:生き方

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ