Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

これから年齢を重ねていく時に、女性獲得活動での重要ポイント

これから年齢を重ねていく時に、女性獲得活動で
考えなければならない事って、活動して積み上げてきたものが
次の女性との接点を作れる要素になってくれないと要領が
上がらないって事なんです。

私のような凡人が、他の男性よりも抜きに出るための最大の
ポイントって、

“積み重ねた優位性”

を使わないのはもったいなさ過ぎるわけですし、それが唯一の
武器になるといってよいわけです。

使える自分の自由な時間だって限りあります。

ですからその時間を使ったものは、積み上げとして残っていかないと
もったいなくて自分の大切な時間を投入する気になりません。

例えばですが、あくまでも例えばですが、

「5千円で口でしてくれる人。」

という活動をするとします。

これって何も積み重ねになりません。

経験も積まれませんし、この活動で得る事が出きるものって、
新しい女性との出会いと、発射できる事のみなんです。

次の活動の時のプラス加算ポイント『からっきしのゼロ』。

なんならばこの活動というのは、他の人が
6千円となると、もう反応はなくなるわけです。

この活動のポイントは、どこまで金額コストを上げる
事ができるのかという所にしか、強みを発揮する事が
出来ないんです。

もし他の人が7千円といいだしたら、その人がその方法での
強者となり、その人が持って行く。

というサイクルになります。

年齢を重ねて、より中年になっていく場合の優位性なんてものは、

若い男性が決して積み上げる事ができない、時間量と経験量と
勉強量などといったものの先にしかないもの。

これを積み上げる事にしか、勝てるわけがないんです。

若い男性がこれに気が付く事は皆無です。
年齢を重ねた男性だってほとんど気づきません。

だからやる価値があるんです。

皆が気づかないポイントがあって、それをピンポイントで
狙ってやるんです。

私はこういった女性獲得活動での感覚だけには敏感です。
その先に待っている事にも敏感です。

とんでもない質の女性との出会いは、この先に待っています。

なぜならば、そういった資質を持っている女性の中には、
ある性癖が潜んでいる確率が高くなるんです。

その理由も私の中では明確になっています。

だからこのポイントを磨くんです。積み上げるんです。

積み上げていった結果、他の男性では一生見る事が無い世界が
作れるようになるんです。

ここ以外の切り口では、私のような凡人がとんでもない女性との
接点を作ってくれる確率は無いです。

とんでもないような「美」という資産を持っている女性は、
別に性的に欲求不満になったりしても、その相手になる男性
なんていくらでも周りにいます。

だから普通の性欲で、私達のような凡人と性欲で接点を作る必要性なんて

“100%、絶対的なまでに ゼロでしかありえないんです。”

唯一の接点をくれる入り口がここなんです。

練習をしていき、その後、間口を広げていきます。

活動を重ねていく内に、女性の質も変わっていきます。

すでに今までの活動とはヒットしている女性の質が違う事が
ポツポツとありますから。

この活動は、いきなりはトップギアに入りません。

段々と積みあげながらギアを上げていく活動です。

前にもお話をしましたが、充実したセック〇ライフには
年間500万円貯蓄されるのと同じレベルの幸福感を
手にする事ができると算出されました。

この活動は、その充実したセック〇ライフのさらに
数ランク上を狙っていく活動なんです。

ミラクルな事を起こす活動は、私のこれまで探してきた活動の
中ではここしかありません。

そしてこの入り口しか今後もあり得ないと思っています。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年7月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:新世界

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ