Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

女性を誘う成功率を上げるには。

成功率ってやり方によって、結構変わるもの
だったりします。

例えば、分かりやすい例からお話をしていきます。

「夏だし今年海行ってないから、
今度の日曜日、鴨川の海に行こうと思って。」

と女性と話をしているとします。

ここで話が終わったら?。
世間話として女性は考えますよね。

「夏だし今年海行ってないから、
今度の日曜日、鴨川の海に行こうと思って。

〇〇さんは海好き?。」

ここで女性を誘うためのつながりができてきます。

女性でノーマルなコミュニケーション感覚を
持っているならば、ここで

「あ、誘う気かもな。」

というように察知すると思います。

そこで誘われても良い返事をするか
それとも誘われないように返事をするのか。
も決定するのですが、本日の話題には関係がないので。
置いておき。

女性の返事を待った。その後に、

「一緒に行かない?。」

これで、女性を誘う場合はひとまとまりなわけです。

全体を見る場合、

「夏だし今年海行ってないから、
今度の日曜日、鴨川の海に行こうと思って。」

提案。

+

「一緒に行かない?。」

具体的なリアクションを求める。

これで一塊。

これは実際にリアクションを求める部分が
ないと話が成立しないのでわかりやすいですが。

結構このミスはしがち。

例えばこんな調査の報告があります。

告白の場面。

・好きです。

・好きです。+ 付き合ってください。

と、このように告白をした場合、

後者の方だと、成功率が47%上昇する。

約1.5倍の成功率に跳ね上がるわけです。

こういった事なども考慮にいれると、

誘い方としては、誘う+具体的なアクションを
分かりやすく求める。

というのは、その誘いの成功率を上げるためには
大切な要素となります。

具体的に女性には何をしたら良いのかという事まで
丁寧に提案をする必要があるわけです。

これ結構忘れがちなんです。

ちゃんと全体で誘いの流れを作り完結するように
する事が大切ですし、その内容なども
分かるように考える事が大切です。

「今日、新宿で暇な人。」

みたいなのが、典型的な失敗の誘い方。

誘いの目的が明確になってない段階で
アウトとして考えて良いわけです。












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2018年7月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:方法論

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ