正直が良いわけではない。

えー昨日のモデルのような綺麗な
女性が結婚もできていないし
彼氏もいない理由をお話しました。

でメインの理由は、使う言葉に
キツイ言葉が出る。

ではなぜそういった言葉を
わざわざ出してしまうのか。

なぜ止めないのか。

彼女の場合は、というちょっとだけ
限定的な話になるのですが。

これまでもこういった自分の
考えを元に言葉をチョイスしている
女性で失敗している女性を
一杯見ましたので。

そういったキツイ言葉を使う
場合には、このような事と
関連している場合がたびたび
見受けられます。

「正直になんでも話すタイプだから。」

ええ。

でしょうね。

これを良しとしているわけです。
正直なのが私の良い所でもあり
悪い所でもある。

というのは本人の解釈で。

言わなくて良い事が圧倒的に
人間関係でも世の中でも多い
って事なんですね。

言わなくても良い事を
正直に言おうとするから。

だから言葉がキツクなる。

誰でもキツイ言葉は聞きたくないし、
ましてやそれが自分に向くなんて
事はして欲しくない。

でも正直に話をする人は相手を
選ばないわけですから、その言葉は
必ず近くにいる人にも向く。

それが特に異性関係になったら
なおさらなわけです。

致命傷になります。

結果最後のシメの大事な時期などに

「こいつと一緒にいると、
俺はたびたび傷つけられるから。。。」

といって男性は去っていく。

特にそれが致命傷になるのは
男性側が結婚などを意識する時など。
男性はすぐに傷つく。

だから鈍感化させていき、
中年になると、とんでもない鈍感化
された状態の男性が
増えていくって面もある。

だから正直になんでも話をする
というのは長所でもなんでもなくて。

短所。

だと俺は個人的に解釈をしています。

優しい言葉が好きなんです。

皆。

だから優しくない言葉。

それが正直な話であろうとなんで
あろうと、嘘でやさしい言葉ならば
そっちが好きなんです。

だから結局はある程度誠実で。

でも嘘つきな人の方が人からは
好かれるんです。

良い嘘をつける人が皆大好き
なんですね。

言ったら気持ち良くなってもらえる
言葉だけ相手の耳に入れてあげる。

言ったら気分悪くなる言葉は
自分の中にしまえば良い。

正直に話をするのは。

結局自分にアダとなって返って
来ることが多くなります。

やさしい嘘つきを俺は推奨します。






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2015年11月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:傷つける

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ