Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

丁寧な言葉と攻撃される事と無視される事。/その3

相手の女性の言動をみて、ある程度
どういった女性か予測する
事ができても接点ができたのだから
とりあえず会ってみる。

そういった経験も大切。

それが楽しめるのも自分の中の
バリエーションを増やすものなんじゃ
ないかなと。

というのが前回まで。

ただちょっと心配なのがそういった
女性と接していると心が荒む。

女性自体が荒んでいる可能性があるから
それが伝染するかもしれない。

楽しいって思えない経験を何回か
繰り返すと、その活動自体を
やめてしまうかもしれないから。

さて。

次は攻撃される事があるかもしれない。
そんな話をします。

これは恋愛の場面よりも生きている
場面で気を付けた方が良い話。

言葉というのは、場面や相手によっては
コミュニケーションを取るもので
あると同時に。

その人から攻撃をされないために
かわすために使う場面もあるって事
なんです。

本当の俺の考えはとか、そういった事を
言葉にしたり態度に出さないという事。

自分で年齢を重ねても、どうやっても
自分よりも力がある人、影響力がある
人は必ずいます。

そういった人と関わる時に、絶対に
被弾をしてはいけない。

被弾をする確率を最も高めるのが
言葉をどうやってその人とかわすかに
かかっているわけです。

もっとも分かり易く言えば
尊敬を込めていない言葉を使うとか、

自分の考えの正当性を主張した
ような話し方をするなどがそれに
該当するわけです。

その場面で自分よりも力がある
人がいるならば考える事は、

まずはその人から被弾をしないように
言葉を交わすって事になってくるわけです。

でそこで有効な言葉の使い方としては
丁寧に尊敬を込めた言葉を使っていく
という事になるんですね。

そして決して自分の本当の所。

なんて表現しようとしない。

例えば会社の場面で、飲みに誘われた。

なんで自分の時間を削ってまで
お前のお酒に付き合わなければならないんだ。

で、

「いえ、プライベートな時間を大切に
したいと思いますので。」

という。

それが自分の素だから。

それをやってしまうと被弾をする可能性
を限りなく高める。

単純な話。

誰かを切ろうかってなった時に、
真っ先に切られるターゲットになる
だけの話。

言葉は被弾をしないために使う。

そういった意識を持つ事は、生きていく
中ではよく起るケースです。

言葉の使い方一つで、面白い出会いを
作る結果にもつながるし、

ただただ無視をされ続けるという
結果にもつながる。

言葉一つの使い方で、守られる立場に
立つ事もできるし、

イジめられる立場になってしまう事も
十分に起りえるわけです。

大切な事は。

丁寧な言葉を使えるのか。

ここになってくるかと思っています。










■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2015年10月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:生き方

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ