執着と失敗。

前回まで、ながーーーく続いていた
お話は、区切りとなりましたので、
ちょうと最近会った女性と話をした話から
展開していこうと思います。

前回のメールを見返したら、

やっておいて下さい。/その14

で、

(完)

って書いていませんでした。
長くお話してきたのに、明確で
無くてすみません。

さて。

それでインターネットで20歳の
女性と会って話をしていて、
女性から見えている風景としての

インターネットの
出会い環境についてなどを
色々と話したんですね。

20歳で30代40代の男性でも付き合う
事は平気って言っている女性
なので、引く手あまた。

完全なる売り手市場みたいで。

まあ、そりゃそうですよね。

20歳の子が30・40代の男性を
恋人候補としてみてくれるから。

それは男性はテンションがあがる
そうなんです。

男性側の
年齢は気にしないし、見た目もそんな
気にならない、清潔であればそれ以外は
たいしてそんなに求めない。

で。
聞いたんですね。

「じゃー、逆にこの男性無理だなって
思って避ける時ってどんな時?。」

と。

「あ、この人、執着が強くなり
そうだな。」

と感じたら連絡を取らなくなる
って事みたいなんです。

コミュニケーションが取れる男性
で、性格が悪く無ければ大丈夫。

一つ一つの出会いは大切にしようと
思っているそうで。

って言っている女性でも、男性側からの
執着が見えると、面倒な事になるって
判断するんですね。

20歳にしかなっていないような子でも。

執着をしだした男性とは、良い展開に
ならない、それどころかトラブルに
なるかもって判断するんですね。

これは何回もこれまでもお話して
きた事にはなるのですが、

執着した段階で、もう関係は終わりに
向かうものなんですね。

で。

どうしたら執着しないで、女性との
関係を良い距離感を持って
付き合えるようになるのか。

もう。

これもある程度決まっているパターン
だと思っているんです。

誰でもそうなんですけど。

例えばその女性と知り合った男性は
他にそういった若い女性であったり、
ターゲットになる女性の知り合いが
ほとんどいない。

するとどうしても相手をしてくれる
その女性に意識は集中していきます。

執着ってやっぱりこの形の場合に
起るんですね。

だから矛盾しているようなんですけど。

女性との距離感を良くするためには、
多くの女性と関わる事が、良い方法
になるんです。

だから女性の質よりもまずは
会う女性の数を増やして行って
しまう方が良いかなと。

これは個人的な趣向もあると思う
のですけど、関わる女性の年齢も
そんなにこだわらないと、その幅は
増えて面白いと思うんです。






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2015年9月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:モテない理由

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ