Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

やっておいて下さい。/その9

恋愛要素を入れた活動は、限界が来る。
って話をしました。

もう少し、恋愛要素について話を
しようと思います。

お互いに都合が良い時に会いましょう。

これがセフレです。

そこに恋愛感情が入るとそうはならない。
束縛したり、会いたいと思う回数が
増えたり。

こういった感情が増えて、関係に
何かしらの問題が起きる。

で、俺の考えでは。
(かなり変な考え方かもしれません。)

男性⇒提供する側。

女性⇒提供される側。

この関係を上手く作りたい。

すると、女性は、男性が提供するものに
満足できたら、

女性「また会えますか?。」

で、男性側がその女性がタイプであれば。

「はい、そうしましょう。」

もし、タイプでないならば。

連絡を取りつつも、女性側には
悪いのですがフェードアウトさせて
もらう。

この形を崩さない。
下手に恋愛感情は入れない。

人間としての好感はお互いに持つけど。
でも、男女として束縛したり、束縛されたり。

こういった関係には、お互いに踏み込まない。

そうしたらそこには、恋愛要素は生まれ
憎くなる。

もちろん、女性側は男性側に対して人間としての
興味を持っているから関わってくれる
のですが、恋愛感情を持っているのとは
ちょっと違うわけです。

彼氏はいるけど。
それとは別で、提供されるものに満足
しているから、たまに提供されたい。

その提供するものは、何か。

元になっている考えとしては、

「この人と関わる時には、特別な
時間が過ごせるから、たまにどうしても
会いたくなる。」

これが再現できれば良いのです。

彼氏では提供してもらえない。
特別な時間。
彼氏には言えない事を、この人ならば
言えるし、提供してもらえる。

距離がある関係だから、言える事。
できる事ってあると思うのです。

もちろん、そういった事は、裏切り
だからできないという女性も多い
ですけど、望んでいる女性もいる。

で、実際に今現在
連絡を取りつづけている女性は、
ほとんどこの形で続いています。

皆、彼氏が居ます。
綺麗な女性達なので。

そして、恐らくなのですが、この点に
関して俺も相手の女性も同じような
感性を持っていると思うんです。

だから、関係が続く。

彼氏とは別にたまに息抜きで
過ごせる特別な空間として、俺の場所に
来てくれるんです。

で、考えて続けている事は、この提供
するものをより豊かで、バリエーションが
豊富で、普通の男性では提供できないもの。

終わりませんね~。
話が。

また話したい話が出てきたので。。。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ