Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

やっておいて下さい。/その7

文字コミュニケーション。

ここら辺の話でした。
かなり話が長くなり、まー、アッチに話が
飛びこっちに話が飛びとなっています。

これまでもインターネットで女性との
/出/会/い/を作ってきたので、
文字コミュニケーションと女性の質
については、理解できているつもり
なのですが。

/出/会/い/を作る場所が変われば
そこにいる女性のケースも変わるかも
しれないという、あまりありえなさそう
な事も考えています。

雑談なのですが。

想像いただけると分かると思うのですが、
5日間連続とかで、肉欲優先の女性と
あって、楽しんでもらうのは
かなりハードです。

楽しいって事だけではできません^^;

あと、当然これだけのアポの数を
入れるのであれば、ちょっと怪しいだろうな。
っていう女性もあえて、見るために
入れているんですよ。

そうそう。

俺が身体を鍛えておいてください。

といったのは、身体の動きのキレを
良くして女性の希望に合わせた動きが
できるようになるためだけでは
ないんです。

考えたんです。

女性と、肉欲優先で恋愛感情を前提に
してではなくて、会うためには

“どういったフック”

が良いのだろうかって。

女性の中には、恋愛をしたくて男性
との/出/会/い/を求めている人ばかり
じゃありません。

そういった事が面倒だと思っていて
遊び相手として男性を求めている
人も当然いるわけです。

では。

その層にどうやってアプローチをすると、

“会うために、心理的な負担が少ない
理由を作ってあげられるのか?”

ここがかなり重要だと思ったんです。

で、考えられる限りのフックを作って
順に試していったんですね。

そしたら一つがヒットして。

そこから女性との/出/会/い/の数を増やして
いるわけなんです。

で、そのフックなのですが。

自分が出来る事じゃないとダメなんです。
自分が苦痛でなくできる事。

でいて、女性が会う事へのハードルを
下げる事ができるもの。

こういった事を考えていくと、良い
かなって思っているんです。

ただ問題は、このやり方って、多くの
人が同じようにやり出したら
効果は下がるって事です。

だからもっと自分のオリジナル性を
高めていく事ができれば、より
女性を集めやすくなるんじゃないかなと。

ここは、想像の部分です。
実際にはコアなフックを作る事は
やっていないので。

自分を振り返ってみると、エロスの部分で
他の男性よりも、貪欲な部分が見つけ
られなかったので、

「これなら、俺に任せておけ。」

っていう、エロス面は自分の中からは、
でなかったのが、ちょっと残念な面なのですが。

もしここで、上手いものを見つける
事ができると、安泰です(笑)

ここで言う安泰とは、それをネタにして
何年も女性を集められるって事です。

このフック作りが上手く行くと、恋愛要素を
消す事ができます。

これがすごく大きい。

これは一緒になって考えると
良いものが見つかるかなって思っています。

その人が出来る強み。
それを第三者がみて、感覚的にどうか。

で、実際にやってみて反応を見る。

これはやってみないと分からない。
でも、自分が出来る事じゃないと、
実際に女性から会いたいって言われた
時に、アタフタする。。。

だから、フック候補も色々と面白
そうなのが浮かぶんですけど。

全部、自分には出来ない事なので、折角
面白い案があっても、試せない。

だから、まだ未知のフックは一杯ある
と思うんです。

そうそう。

次は、恋愛要素についてお話しようと思います。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ