バカップルの仕組みと、それを知り気を付けようの話。

どこにでもバカップルになって
いらっしゃる方々がいます。

学生時代から今現在まで、
あらゆる所で、バカップルを見かけます。

で。

私は思いっきり否定派です。

全然推奨しません。

学生の時から、

「この人達はとんでもない損をするよなー。」

「閉鎖的でつまらないコミュニティを
作ろうとしているな。」

と思いながら見ています。

バカップルになる人達には性質が
あるんですね。

どういった性質かというと、

他人に心を許せない人。

他人を信頼しない人。

内向的かつ人が苦手な傾向がある人。

コミュニケーションに少しだけ
難を抱えている人。

同氏がくっつくと、バカップルに
発展しやすいと思っています。

想像をしてみてください。
思い出してみてください。

頭に浮かんだ人達、カップルって
上記の性質を持っていなかったでしょうか。

上記のような性質を持っている人達が
一緒にいると、男女の関係だから。
という特別な『枠』なので、おかしな
世界が生まれるのです。

基本的に人間同士・他人同士というのは
お互いを尊重して、距離を取ってでしか
付き合いって成立しません。

が。

男女間だけは、そのルールが少し変わります。

ものすごく距離を近くしても大丈夫
ですし、お互いに踏み込んだ関係を
作って相手のすべてを独占したりする事も
何となく許される事もある。

という独特の世界になっても、そこまで
不思議じゃないのが交際している男女の
世界だったりするんです。

だから、普段は人が苦手だし、信頼は
できないし、コミュニケーションも苦手
なんだけど、彼氏彼女になると

そこのコミュニティを完全クローズな
コミュニティにする事ができるんです。

そこにだけ、

“二人だけの安全地帯”

を作る事ができて、そこにこもる事ができて
そこだけは安心みたいな感じを得る事が
できるわけです。

で、そこに居る間は絶対に安全だし否定されないし
自分のダメさ加減から逃げる事もできたりする。

ってなりがちだから、私はバカップルについて
否定派なんですね。

コミュニティなんて、一切他人が入って
こなくなったら、超閉鎖的になるし
考えは偏るし、バカまっしぐらになるし。
判断力は下がるし、良いアイディアは
もらえなくなるし。
新しい考え方は出来ないし。

閉鎖的なコミュニティがそのまま家族
になると、そこには多くの問題が起こりまくる。

例えば虐待とかって代表的な事例だと思っていて、
閉鎖的なコミュニティだと起きやすくなる。

コミュニティなんてものは、解放して
色々な人が出入りできるようにしておいて

風通しが良くしておくに越した事がないんです。

複数の人の意見を聞き、考えて取り入れたり
取りいれなかったり、他人の目を入れたりするの
だって大切です。

他人の目があるから健全でいられる部分だって
多数あるからです。

閉鎖的になったコミュニティにいいこと
なんてありません。

自分達の都合が良い考えを強化していき
変な世界観が作られるだけです。

当たり前なのですが、周りとの関係があって
その中で生きていくのが生活なので。

閉鎖的になっていく段階で。
風通しが悪くなり誰の目にも触れなくなった
段階でそのコミュニティは悪い方向に
向かうと思っています。

冒頭に戻りますが。

元々、 バカップルになる男女には

閉鎖的になってしまう、考えが偏りやすい
要素を持った者同士がくっつくので、
バカップルになる確率高くなります。

そういった事を自分で理解をしておかないと、
ただ楽で居心地が良いという理由で
他人をシャットアウトしてしまって

周りを見ると、誰もいない。

というバランスの悪い関係が作られて
しまいます。

男女が付き合っても、そこのコミュニティ
の風通しは良くしておいた方が良いです。

周りと上手くやっていかないと、どうせ
上手く回らないからです。

自分だけの判断なんてたかが知れています。

大抵はアホな判断をするのですから。
そうならないために、群れているのが弱い人間なので。

弱いならば弱いなりに群れるという戦略を
取った方が良く、自分が弱いのに弱い事を
理解しないで、閉鎖的になるのがいっちゃん
まずいわけです。

って事を知っておくと、バカップルになる
確率は多少・・・減るかな・・・

でも、大抵必要な人には届かなく、必要じゃない人に
届くというのが、こういった話の性質だったり
するんですけど。






■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ