女性との関係が終わっていく、この活動。

女性の言動に対して、“敏感に反応をし過ぎる行動。”

これは女性との関係においては非常にネガティブ
要素になります。

鈍感化している男性とは、また違ったネガティブ要素です。

敏感過ぎるというのは、、、

女性の感情によりそう事ができる。
気持ちについて考える余裕がある。

これとはまた違った意味になります。

相手の行動を深く見過ぎてしまうとかがそれです。
そうすると心配になり確認する事が多くなる。
探るような事が多くなる。

こういった言動は相手側の大きな負担になります。

当然相手側の大きな負担になるのですから相手側の
態度にも反映をされます。

「面倒だな。。。」

「なんか小さい事をごちゃごちゃと。」

「詮索し過ぎて嫌なんだけど。」

という感情を持たれる。

という事はそれが態度にも反映されるようになります。

それが、

「冷たくなった。」

という態度に感じられる事が多くなります。

そうすると、さらに心配になり・・・。

悪循環です。

では、このような状態に陥ってしまう根本って
どこにあるのかとなると、ケースとして高いのは

”相手側の魅力の方が高い。”

と思っている付き合いをしている男性は、
このような気持ちであったり、言動状態に陥り
やすくなります。

もちろん、このような付き合いの形になったら
分かれる確率は上がります。

どちらかが一方が非常に疑り深くなる大きな
原因は、魅力の均衡が伴っていない場合に
起こりやすくなるわけです。

魅力が低い方が、こういった気持ちになって
しまうからこのようなネガティブな考え方であったり
相手側の負担になる事をやり出してしまうのです。

その根底とは、

「この女性がいなくなったら、これ以上の女性と
自分は付き合う事が出来ないだろう。」

この気持ちがあるからです。

男女関係では結局、例えば男性側は

自分の力量以上の彼女を手にしたとしても、

力量不足の面から不安が大きくなり、その不安が
ネガティブな言動を生み出して、上手くいかない
状態になっていってしまうのです。

その解消の道は・・・

相手のレベルを下げる。

自分のレベルを上げる。

この二択になっていくかなと思います。

【8月22日までの限定公開!!!】


カウントダウンタイマー

■本命の女性にバレる確率を限りなくゼロに近づけながら、
死ぬほど女性遊びをしまくるために必要な戦略とは。
一生女性遊びを続ける男性の思考と具体的方法論【womanizing】








■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ