女遊び

不満の受け皿になるという立ち位置。

これは私達がこれからも遊び続けていく場合に、
必ず遭遇する立ち位置というものが出てきます。

その立ち位置はどういった立ち位置となるかと言うと
世の中には多くの欲求不満の女性がいるんですが、
その女性にとっての不満のはけ口として
利用してもらうというケースが出てきます。

活動していると、この活動は限りなく100%出てきます。

(女性側が言うか言わないかの差がありますが、
そういった理由で接点を持ってくる女性がいるのです。)

その場合男性側は、欲求を引き出すことであったり、

その欲望を口にしてもらうことであったり、

リクエストに応えていくことであったり、

性に関してのコミュニケーション能力というものが
非常に重要となってくる場面があります。

このような女性の求めている立ち位置を取るためには、
女性と過ごす場面への特別感、特にセクシャル関係に関して
非日常感が強すぎるのは、あまり良くないなと思います。

男性の理想的な形はおそらく自分の性欲が高まった時に
それを解消させてくれる女性になると思うんですが、
そう都合よくはうまく回らず。

女性の欲求のタイミングで、接点が作られる
ということも多々あるわけです。

(基本的には、ほとんどがこの形でセクシャル要素が強い
接点は作られると考えた方が良いです。)

特に欲求不満の女性。

その女性と接点が作られる場合は、
ほぼほぼ女性側のタイミングで接点が作られます。

そうすると女性側が望んでいることは何か。

他の男性ができないことを提供したり、

普段、周りの男性達からしてもらっていない
対応をしたり。

普通の男性ではできないような、一つレベルの上がった
対応ができた方がいいんです。

そのために気をつけながらやっていることは、
結局パターン化は中々できないということです。

どの活動をするにしてもある程度の共通性はありますが、
丁寧に一人一人ちゃんと、女性の欲求を感じ取りながら
観察しながら肌を合わせながら、
探り探りやっていく必要があるわけです。

私たちが求められているものは、
そういったことになってくるからです。

こういったことを理解して対応していかないと、
欲求不満を抱えている女性であったり、
楽しませてもらうことを期待しながら
その場所に来ている女性に対応することができませんし、

わざわざ中年の私達を選んでもらっている
(中年以降の立場にいる男性の場合。)
メリットを与えることができないと考えています。

今私の中に

自分は凄いだろう。

というような感覚はなく、基本的に毎回毎回
丁寧に対応しようという感覚を持っているだけです。

なぜならば、これが完全に正解だ。

と思う事がないからです。

できることをその場面で丁寧に。

これが限界だということが分かってきます。

そうすると、自分ってすげえだろう。

ってことを全く考えなくなります。

なぜならば正解かどうかも分からず
毎回その場面をやりくりしているからです。

女性を観ながら多分これが正解に近いかもな。

という感覚で毎回毎回その場面を過ごしています。





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER