女遊び

女性獲得活動は、なるだけ長く継続させた方がよい理由。

女性に関する活動をこれからもずっと続けたい場合は、
なるだけ継続をして行なっていった方が良いです。

積み重ねた上にしか絶対にわからないことが
いっぱい出てくるからです。

私が今、大切にしているのは、今の活動がどれだけ
今後も続けていけるかという点です。
(現実には数年後の懸念がありますが。。。)

積み重ねた活動の先にしかきづけないことが
山ほどあるからです。

例えば私の経験で言えばスクールという活動を
生み出した段階で、ある種のここが区切りになるな
と考えました。

一つの分野での終わりを感じたのです。

ところがそこから活動を続けていると、
また別の興味深く、また全然違った属性の女性を
獲得できる活動が見つかっていくわけです。

しかしこれは今の活動の上に活動を続けていかないと
絶対出ないなと思うのです。

これは絶対に出ません。

例えば私がずっと街で女性に声をかけ続ける
オフラインの活動を続けていれば、
オンラインの現在行なっている活動には
絶対たどり着けていないわけです。

※現状の変化に対応しないで思考停止で惰性で続けて
いたらという意味合いでです。

これはオフラインの活動を続けてても
意味がないというのではなく、その場面その場面で
自分が対応ができる実行することができることを
模索していく先に見つかっていくものだからです。

オフラインの活動は私の中で限界が来て
活動ができなくなったので切り替えるという
工程が入りました。

ここで活動はもうできないと考えて、
止めていればその先はなかったわけです。

活動しながら常に模索していく。

なぜ模索しなければならないのか。

それは自分が生きていくと年齢が上がっていき
それに伴い自分の条件が変わっていく。

条件が変わって行くに従い自分の考え方や
立ち位置や行動を変えていかなければならない。

これは常に少しずつ動いているから
微調整をしその変化を捉えていた方が良い。

そうしないと一般的な男性が持ってしまう

20代の時と40代になった自分はたいした差がない。

という誤った認識を持ってしまう。

活動を続けていると今まで活動してきた
要素要素が絡み合い新しい道が
作られるようになることがある。

というか、そこからしか新しい活動の道は作られないです。

これはそれまでの活動の流れで要素を
汲み取っていないと再現することができない。

例えば最近ヒットさせた検証などは、
元々は私が街で女性に声をかけている時に、
何かしら、より効率を上げるために加えることが
できるネタってないだろうか。

と考え色々と調べている時に、80年代に
ちょっとしたブームが起こった切り口
というものを知ることになった。

ただその当時にはちょっとそれが使える状態にはなかった。

なぜならばその当時には今と比べて、
実行するにはあまりにお金がかかりすぎる
というバックヤードがあったからです。

その活動をスタートさせるのにも
かなりのお金が必要となり継続させるためにも
またお金がかかってしまうということがわかった。

結局その当時はそれを行うことができなかった。

というような前歴があったから
今現在あの活動って今ならできるけど
どうなんだろうか。

なぜ今ならばできるのか。

と言うと時代が進みそれを実行するのに
ほとんどコストというものがかからなくなった。

だから実行することができるようになった。

元々女性に興味を持たれる内容だということは
80年代の事実からもわかっている。

そうなると今現在でも試してみる価値は
あるという考え方になる。

こういった流れがない限り、やはりこの方法にも
たどり着くことはできないわけです。

こういった前置があり

出来る限り
女性獲得活動に興味を持たれている場合は、
一緒に活動を継続していきたいというわけなんです。

この話は長くなり
まだまだ終わらないので次回に続きます。

 
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。
次の記事の励みになります^^


人気ブログランキングへ

 

 

■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び
-,

© 2022 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER