Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

コレ女性の面でも生活の面でも沈んでいきます。

例えばテレビをずっとぼーっと見続けている

自分の空いた時間と言えば
ただテレビをぼーっと見るのが趣味

みたいなレベル
そんな生活を何年も続ける

言われていることをそのうちに全部鵜呑みに
するようになる

こうなってくると非常にまずいわけです

その理由を今からお話ししていきます

自分がただ受動的にただ受け取るだけでいると
話を聞くときに自分がすぐに理解できて
すぐに結論にたどり着くものを
好むようになっていきます

極端な例で言えば30秒で結論に達しない話は
話が聞けなくなるみたいな感じです

シンプルな形を望むようになります

例えば A と B がありAが正しくBは悪だ

みたいな考えがその典型例です

しかし世の中にある大切なこと

人間関係であったりはそういう風に
シンプルにはなりません
女性関係もそうです

A が100%正しいというようにはならないです

しかしわかりやすいものだけしか
自分に受け入れないようにしたり
受動態でいることで自分が積極的に
考えることを拒否するようになってしまうと

自分がすぐに分かるものしか
必要としなくなってしまいます

なぜならばなるだけ楽をしたいと思うのが
人間なので答えをわかりやすい形で
短文で渡される

そうすると非常にわかりやすいので
そういったものばかりを求めるように
なってしまうわけです

30秒で出せる結論しか受け取らない
みたいになっていきます

生活上で必要な物事
人間関係そこでぶち当たった問題

それを30秒で解決する
そんな結論を出すなんていうのは無理だ

ということがもうすでにこの段階では
分からなくなっているわけです

人間関係であったり生活上の問題であったり
それを解決する考え方を求めているとしても

それをワンフレーズで解決することなんて
不可能なのは余裕で分かると思います

しかしこの考えの延長線上には
結局こういった複雑な問題

いろんな人が絡んでいる問題

そういった問題もワンフレーズで
解決しよう・できる・と考えてしまうわけです

そうすると考えなくなってきます

わかりやすいことを言ってくれる人が
自分にとって必要な人だと考えるようになり

必要となっていることを説明している人の話は
自分にとっては不要だというように
考えるようになります

もちろん結果としてどっちが良い方向に
本来なら向かいやすいかといえば

自分にとって必要な内容を
発信してくれている人の方が
自分は良い方向に行けるわけです

短文・ワンフレーズで物事の核心に迫っていくのは
大抵の場合無理です

それは女性関係でも思いっきり関係します

男性でどう考えてもその女性は裏があるよ

という女性であったり

明らかに表と裏がある女性というものを
選ぶ男性というのがいます

そういった女性をよく見る習慣が
ついている男性から見たり

同性の女性から見たりすると

こんなにわかりやすい表と裏がある女性なのに
なんでこの人は簡単にこんな女性に
騙されるんだろうな

って話をよくしますが

理由はシンプルです

では次回引き続き

なぜこういった考え方を採用している男性は
こういった裏表のある女性に
簡単に騙されてしまうのか

そこから話を進めていきます












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年1月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:人間メカニズム

このページの先頭へ