Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

成熟した男性と未成熟な男性を分ける、一つの人間としてのメカニズム

私たちは基本的に自分で考え選択をして
言動を外に出しているというように
考えていると思います

しかし実際には人間は何かをしたい
行動をしたい
言葉に出したいというような

感覚というのは自分で意識するよりも
脳の反応として先に出てしまうわけです

感覚として自分の中に沸き起こって
しまうものなんです

自分が認識しているよりも先に実はもう欲求
というのは沸いている

というなのが人間のメカニズムだということが
現在では知られてくるようになっています

そうするとあることが分かってきます

私達というのは何か思い浮かぶのが先なんです

自分が意識してそれを考えているのではなく
オートマチックに考えが出てきてしまうんです

さてその後にそれを言動として表すかどうかと

いう選択肢に迫られることになる

例えば今目の前にいる女性が少しぽっちゃりしている
と言うのを私たちは認識したとします

そこでそれが頭にぽんっと浮かぶわけですが

この人ちょっと太り気味かもなというように
思い浮かんでしまうのはもう私達では
止められないわけです

なぜならば勝手に自分の中で浮かんで
しまっているからです

その後なんです私たちが選択
できる部分というのは

それを表に出すのか出さないのか

それを私たちが決定することができるわけです

ここで未成熟な男性というのは
自分の中で浮かんできたもの事であったり
欲求であったりをそのまま言動として
表に出してしまうわけです

これが私たちの言動の質を左右している
部分の大きな部分だと考えてください

このようにメカニズムを知っていくことで
自分たちがとる言動の選択というものの質を
上げることができるわけです

ただ漠然となんとなく思ったから口にする

というように考えるよりも
こういったことを知っていくことで

”実は言動の質というのは高められる”

ということがわかります

私たちの中に思い浮かんでしまうものは
思い浮かんでしまうんです

ここはしょうがないと理解しないといけないです

受け入れないといけない部分です

例えば言動の質がいい男性だとしても

下品なことであったり

人を蔑んでしまうようなことであったり

考えてはいけないような理性にかけたような
考えというのは浮かんでいないのではないんです

実際に自分の中には浮かんでしまっているんです

これはもう人間として抑えることが
できない

一種の体の反応なので自分ではどうにも
コントロールすることができない

ただその後にそれを自分で表に出すのか
それを選択することができる

ここなんです

人間の質の差を生むというのは

ここで上手に表に出すものと出さないものが
選択できる人が

質がいい男性

として見られるわけです

このように考えていくと自分の中で
実はちょっとだけ猶予の時間がある
ということがわかります

その言動を出すまでにほんの瞬間ですが
0.5秒とかそんな時間ですが

表に出すまでのタイムラグがあるので

これを知っていると自分の中で

さて出すか出さないか

ってことを一瞬の間に考える

こういった時間があるということを
意識するということができるようになります

これを知ると自分が出す言動の質というものを
具体的にあげていく方法がある

ということが分かってきます












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年1月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:人間メカニズム

このページの先頭へ