Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

これを意識的にできるようになると、周りの人から好かれるし、周りの人の力になることができます

私たちが外に向けて出力していく
行動というのは一定ではありません

ものすごくランダムです

もしも一定に出力することが
できると考えるならば

例えば今、手元に野球のボールが
あるとします

このボールを投げることが
いつも一定で出来るって事に
なります
出力が一定なので

実際には私たちが野球のボール
を投げる時というのは
一定ではありません

ここまで投げようと決めても
そこに届かない時もあるし
大きく超えてしまう時もあります

つまりかなり私たちの出力
というものはランダムに
なっているわけです

ですから私たちは出力を一定に
保つということはあまりできない
というふうに
考えた方がいいわけです

この出力という部分について
もう一つの性質がありまして

この出力というものを
左右するのは

自分の意識よりも実は周りからの環境

により大きく左右される
という性質を持っているんです

例えば自分一人で黙々と
単調な作業をしているよりも
周りに仲間がいて

「一緒に頑張ろう」

と言われた方が全然頑張る力が
出るんです

例えば握力を測っている時に
ポジティブな言葉をパッと見せたり

ポジティブな言葉をかけられる

と一瞬で握力がそれまでよりも

一気に上がる

と言う事もわかっています

例えばみんなこんな経験が
あると思うんですが

部活で試合をする時に
いつも以上に疲れづらくなったり
ゾーンに入ってしまったりする

そんな経験をしたことがある
と思います

これというのはまさに

この環境による影響

なんです

周りの仲間から応援される
ということが具体的に
自分の力になるわけです

昔から応援団というのがあります

あれはただの昔からの習慣
ではないんです

具体的に人間に力を与える
具体的なパワーアップに
つながる行為なんです

ですから人を具体的に言葉で
応援するというのは

実はすごい意味があり
効果があることなんです

ですからもしもあなたの周りの
仲間であったり
身内であったり

そう言った人が頑張っている
ならそれに合わせた
ポジティブな言葉を
投げかけてあげる

というのは相手にとって

プラスの作用

具体的に与えることができる
ポジティブな行動だ
ということが分かってくるわけです

例えばその人は頑張ってる

言わなくたって本人は
頑張ってるんだから

いいや

じゃなくて具体的に
言葉にして

頑張ってるな

頑張れ

と言ってあげることで
またその人は頑張ろうと

具体的に自分の中で作用が起こって
さらに頑張ることができるわけです

私たちは周りの環境に
思っている以上に影響され

思っている以上に自分の意思
というものにはあまり影響されない
ということが分かってきます












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年1月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:環境

このページの先頭へ