Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

オンライン活動で考え方を変えていった部分

私がオフラインの活動からオンラインの活動へと
シフトチェンジして行った時に
変化をさせていった自分の活動の性質・考え方について
お話ししていきます

元々私は自分のタイミングで女性遊びを
完結させることを望んでいました

ですから街に出て声をかけるというタイプの活動が
自分にはマッチしていたわけです

それに単純に持ち時間が多かった
ということも大いに関係します

そこからオンラインに活動の場所を
移していくときにまず最初に考え方として
変えて行ったのは活動のメインを

今すぐ自分の都合に合わせて女性を獲得していく

このやり方はオンラインの活動では
うまく回らないということが分かってきます

もちろんタイミングが合えばそういった形も
作ることができますが

どうしてもその日がワチャワチャしてしまい
前後の時間が上手に使えなくなります

具体的にどういったことかといえば
女性とやり取りをして

女性の都合を聞いたりして
待ち合わせ場所はどこが都合がいいか

やっぱりこの時間は都合が悪いから変更して

などのようにどうしても待ち合わせを
していくという形は

その日にすぐに会うとしても
変えることができないポイントで

時間・集合する場所もすり合わせなきゃいけない

どうしてもそのやり取りでかなりの時間が
消耗し予定も結構ころころ変わっていきます

現実問題としてその日にすぐに約束が決まっても
そこからかなりの時間が消耗されることが多いです

オンラインの活動では自分の都合ではなく
数日後にお互いに時間を割いて予定を立てる
ということに慣れていく必要がありました

これを実行することのメリットは
結局後日にしっかりお互いに予定を合わせた方が
時間のロスが少ないということが分かってきたんです

オフラインでの活動では予定を立てるわけではなく
週末になって街に出て

その時に捕まる女性を連れて帰る
という考え方だったので

予定をお互いにつけて待つという考え方はなく
その日にすべてを完結させる
という考えだったので

そこをまず変更することが必要でした

女性との約束を成立させて会うまでに
時間を置くということが
オンラインでは必要になり

ある程度自分の性欲というものを
コントロールする必要があります

これのデメリットはわかりやすく
自分の性欲のタイミングで動けない
という点です

なのでやはり20代では暴走する性欲を
制御できないので待ちという戦略は
どうしてもきつい部分が出てくると思います

中年のメリットは性欲のコントロールが
20代の時と比べると格段に楽になることに
ありました

もちろんこれは個人差があると思いますが

オフラインの活動では長期的なスパンで考えると
後日に予定を決めて待つという形が
自分への負担が少なく予定通りに動いていくことができる

というメリットがあります

年齢が高くなってくると突発的な活動
というものが非常に取りづらくなります

色々なしがらみができて好きなように
突発的には動けなくなるんです

例えば待ち合わせするにしても
知人がいない場所まで足を伸ばさなければいけない
などの考慮は当然のように
していかなければなりません

予定通りに進み
予定通りの時間で終わる

これが必要になります

それと引き換えに約束をした日まで待つ
ということが必要になりました

ここがオフラインとオンラインの
かなり大きな差でした

それに自分の考え方もかなり入れ替えなければ
いけない部分でした

この部分は個人の事情にもよると思います

特に気を回さなければいけない人間関係なく

持ち時間もふんだんにある

その上で
今すぐに自分の欲求を満たすこと
を最優先するならば
そういった活動の方法もあるからです

それ以外に必要となったこと

これはオフラインをオンラインも
一緒なのですがより辛辣な言葉が
顔が見えないぶんオンラインだと
きつく感じることもあります

ので忍耐力というのもある程度必要になります

顔が見えないと簡単に約束なども破られる

という前提で取り込まなきゃいけないので
忍耐力が必要になります

それに基本的に人を誘う
誰かにアプローチをかけるというのは
基本的に断られることを前提で
考えないといけないです

例えばセールスの世界では90%が
最初から拒否反応示す

ということが分かっているので

声をかけた段階で9割は
話も聞かずにノーと言われていることが
前提だと考えた方がいいわけです

残り1割の中でも話を聞いてくれて
当然断るケースの方が多くなります

本当にうまくいくというのは
すごく少ない割合なんだということも
知っておく必要があります

そうしないと1回活動しただけで反応がないとか
失敗したとか言って

この活動うまくいかない

ってなってしまうからです

ほとんどは失敗するんです
9割は話すらも聞いてくれないと
思ってた方がいいです

あとちょっとおかしな話なんですけど
インターネットだからといって
好き放題していいわけではなく

むしろ顔が見えないから

善意

といったものも非常に大切になります

偽善的な言葉に感じられるかもしれないのですが
これは大切で女性にも伝わると思っています

特に女性遊びをしていこうという場合は
善意を持っていた方がトラブルは少ないし

結局それを汲み取ってくれたり
感じ取ることができる女性がヒットしてくるので

女性の質が上がっていくことにも
繋がると思います

例えば自分は遊び前提なのであれば
結婚を望んでいる女性を
相手にしてはいけないとか

女性が望んでいることと全然違う形ならば
こちらからちゃんと断るとか

ものすごいを嘘をついて
とりあえずその場に来させるだけ来させて
ハメて行く

みたいな形も採用はしないようにしてます

女性遊びというあまり多くの人に
歓迎されないようなことをやっているので
なるだけ迷惑はかけないように

前もって臨まない人には関わらないようにする
ということが結構大切だと思ってます












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年1月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:女遊び

このページの先頭へ