女遊び

中年になったことで得たメリット

女性遊びに関して言えば
ターゲット層の女性を若く設定して
考えていく場合

私たちの年齢は若い方が良いわけです
ずーと若い状態の方が当然有利なわけです

とはいえそんなことは不可能なので
諦めるしかないわけですが

この諦めの中にも実はメリットがあったな
と思ったんです

それは完全に不利な状態で活動して
いかなければならない

そんな年齢に差し掛かった時に
あることを考えるようになりました

この不利な状態でどうにかしなければならない

そうするとそれまでの感覚と
大きく変わってくるわけです

まず自分は不利な状態である

このままだと満足いくような活動は
できない

そういった覚悟を持つことができます

自分にはもはや女性から恋愛対象
として見られるような年齢帯にない

これを受け入れることにより
全然違った形で考えていくことが
できるわけです

ここで

「俺は歳はとったけど
そんな昔と変わらない
昔と同じようにどうにかできる」

と思っていると全然考えが
以前の自分と変えることができないわけです

20代と同じことをやっても
通用すると思ってしまう

ここが大きなデメリットになるわけです

20代の頃と同じことをやって
通用するわけがないわけです

まず自分が非常に不利な立場である
それを受け入れるところが
非常に大切でした

そうすると男性としての性を全面に
押し出した活動というのは
やめよう

って考えられるからです

そうすると生まれついた自分の性というものを
とりあえず脇に置いといて
女性をしっかりと観察して
改めて自分で女性に何が提供できるのだろうか

ということが考えられる

これが非常に重要です

そして自分が与えられるものの中には
男性としての性というものは
とりあえず脇に置いてるわけですから

それ以外のもので考えることになります

そうするとその答えは私たちの中にはなく
女性の中にしかないということが
分かってきます

だから私は女性側のメリットというものを
ひたすら考えられるようになったわけです

自分側にはないのだったら
女性側の方から探すしかない

そうすると女性側の方から探していくと
女性側が欲しがっているもの
というのは私たちは持っていないもの
ばかりだということが分かってきます

そうするとまたここも考えが逆転するわけです

自分が持っているもので
女性が興味を持つ

ではなく自分にはないけれども
女性が欲しているものその中で自分が
提供できそうなものを形作っていこう

このように考えることが
できるようになりました

これが非常に大きなプラスでした

そういった面から考えて行くと
若い時に非常に綺麗なルックスをしていた男性は
大変だと思います

その当時の経験や記憶というのは
消すことができなく

そして今は自分は明らかにルックス
という面では力を発揮しなくなり

女性からの扱いというものは
これまでから変わっていってしまう

この現実を受け入れることが中々
できないわけです

これは何回も話ししていますが
どうしても自分のことを
過剰に評価してしまうので

特に綺麗なルックスをしていた男性
というのはその当時と今の自分
というのはそんなに変わっていない

って考えてしまい

現実との間にだいぶ苦戦をすることが
多くなります

そしていつまでもなかなか自分は
もはや昔とは違う自分であり
昔の武器はすでに完全に失われ0になっている

ということに気づけないわけです

考え方を変え
自分の立ち位置を変える

というのはそんなに簡単ではないわけです

自分の立場がすごい不利な立場である
自分の手持ちで女性が欲しているもの
というのはほとんど所持していることはない

欲しているものを知っていき

それを与えられる自分に変化をさせる

そういった事をしないと
自分はもはや有利に展開させるものがないと
分かって覚悟したからそういった道が
見つけやすくなるわけです





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-女遊び
-, ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER