ルックス論

女性からの態度を変える・扱われ方を変える方法の1つ。

私はデザインというものをそのもの自体の

存在を変えてしまう

ようなものだと考えている面があります

デザインというのは自分をデザインすること
という意味でも話ししています

対人関係であったり対女性であったり
そういった面での効果について考えての内容となります

一つのものがそこにあるとします

それをデザインすることで

まるで違う価値

を生み出すことも可能

それがデザインのメリットの一つだと
思っています

私たち自身をより良い価値をつけていくためには
その方法の一つとして

”表面を変えてしまうもの”

つまりデザインを変える
ファッションを変える

というのは非常に大きな変化だと
考えています

例えば私の場合

今私がデザインしている全体の表現を
全部なくしプレーンな状態にすれば

ただの中年のおじさんです

何の取り柄もなさそうな
ただの中年のおじさんが
そこにいるだけになります

そこに自分の出来る限りのデザインを
加えていくわけです

そうすることで大きな違いが生まれるのです

その大きな違いとはどういった意味かと言うと

そのデザインの違いによって

”女性の態度であったり”

”女性からの取り扱かわれ方”

というのは変わるんです

それは実際に今までずっと
この面を考え続けてきて得ている感覚です

ですから私は非常に自分をデザインする
ということは大切だと考えています

またもう一つの意味があります

男性はもともとあまり自分をデザインする・
ファッションを考える

という事があまり好きではありませんし
興味がありません

そういった人が多数派になります

私も興味があるか

と言われたらそんなにあるほうでは
ありません

ただ自分自身が女性と関わっていく

しかもその女性達は
ほぼ毎回初対面の女性達である

その前提に立った時には
デザインというものは非常に重要だ

ということが分かっています

それは相手側女性側からの態度が変わる
私たちへの扱い方が変わる

ということも分かっているからです

それと同じような意味で
私たちの女性に対しての態度も
そこに現れていると考えています

例えばくったくたの洋服を着て
女性に会いに行ったとします

その時に初対面の女性は
その男性のファッションを見て

この人は私との時間を大切に期待していた

というように感じるでしょうか

なんとなく適当な感覚で来ている

適当な時間を過ごそうとしている

手を抜いている

などのように感じられないでしょうか

私は少なくとも女性側の立場であれば
そういった感覚を得ると思います

ですからなるだけ自分の中でなのですが
デザインをより良いものにしていく
という感覚を持っていた方がベター

これもひとつの女性への礼儀だとも
考えているからです

女性から同じ年齢層の男性と違う
という意見をもらう時があります

それは私の何が違うかといえば
単純にデザインの仕方だと思っています

センスがないので
特に女性を相手にしている職業の男性たちの
ファッションやデザインを見るようにしています

例えば男性美容師なんかは良い参考例になります

それぐらいしかやってはいませんが
多少何もしない時よりは良いものを
選べるようになるかなくらいに考えています





■オススメする、私の教材です。
・初回セ〇クスをした女性から、
「こんなに気持ち良いセ〇クス初めて」と言わせるテクニック。
⇒ こちらからどうぞ。

細胞レベルのアンチエイジングと安定した勃起力と継続力
を手に入れるならば。
⇒ こちらからどうぞ。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

-ルックス論
-, , ,

© 2021 恋愛・女性心理研究所 Powered by STINGER