Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zyoseisinri/www/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

その女性の性質を丸裸にする非常にシンプルな方法

こういった面からも、その女性の
コミュニケーション能力であったり
人の気持ちが理解できるかどうか
という点などもわかる

という話をしていきます

その人の能力というものは

例えば人の気持ちが分かる
という能力

これを知りたいと思った場合

例えば実際に人と関わっている時に
その人の能力を知るというのは
難しい事じゃないです

ただ難しい点は
その人が実際に人と関わって
人の気持ちが分かるか

という場面にまず遭遇することが少ないので
実際に人と関わっている場面を見る事が
できない場合は、判断はできない

ただ能力というものは他のあらゆる場面でも
同じように使われるものなので
他の違った場面でも判断することができます

例えば物語を読んでいて
その時に人間の心情であったり
そういったものをちゃんと
理解できるのかどうか

映画を見ていたとして
その時の人間の心理描写などを
理解できるのかどうか

こういったところでも
そういったものが判断できます

なぜならばその人に備わっている
判断能力が
どのように判断を下すのか

というのがこういった擬似的な対象でも

実際にその人に備わっている
判断基準を通して
判断を下されるからです

つまり今目の前にある判断というものが
たとえその対象が作り話・ストーリー
であるとしても

実際に起こった出来事であろうとも

判断をする本人の判断基準であったり
考え方というのは同じなのです

なので今その物語を読んでの判断だとしても
実際に起こった時も

同じ判断します

なので映画を見ていても
その映画の中に出てくる登場人物の
気持ちが理解できなかったり

自分とは全く違ったような捉え方をしている場合

映画に対してだけでなく

実際の生活上で実際に起こった出来事に対しても
自分とはまったく違った捉え方をして
自分とはまったく違う判断を下すことになります

なぜならば判断を下している
大元はその人自体にあるものだからです

これがいわゆる価値観が全く違う

という例のやつです

明らかに人を攻撃するような
コミュニケーションとる人というのは

物語を読んだり
映画を見た時にも

話をしてみるとその登場
人物への気持ちの理解が
できないんです

なので話をしていても
その人がどういった感覚を持っているのか

というのは思いっきりわかります

だから、その人の判断の仕方・考え方というのを
知るのは非常に重要なんです

映画だからこういった判断を下す

実社会だからこういった判断を下す

というように判断を
切り替えることはできなく

判断基準・考え方というのは
その人本人に備わっているもので
判断を下すので

映画だろうが実社会だろうが

同じ物事が起きた時には
同じような判断をする傾向があると
考えてた方がいいわけです

ですから一つの形の出来事に対して
冷たい判断を下す人は

それがたとえ映画の中での事象であれ

実社会での事象であれ

同じように冷たい判断を下します

利己的な判断ばっかりする人は
結局実社会でも同じように
利己的な判断をします

なのでその人を見る場合は一緒に
映画を見たり

一緒のストーリーを読み

お互いにどういった感覚を持ったのか
どういった判断をするのか

という話を聞くのは非常にその人を知る
意味では大きな判断基準になります

そしてそこで得た情報と
全く違った人物像である
という風にはならないです












■オススメする、私の教材です。

・インターネットでセフレを大量に作っていく際に
やっていくべき事についてをまとめた教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・まずは身近にいる女友達ととりあえず1発を狙う教材。
⇒ こちらからどうぞ。

・好きな女性に自分を好きにならせる方法の決定版教材!
⇒ こちらからどうぞ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2019年1月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:考え方

このページの先頭へ